アップトレンドはどこから始まったか分かりますか?これが分からないようでは利益は上がりません。

2019/12/14

株の売買では、買うのは簡単ですが、売るのは難しいものです。売った価格により、利益になるか、損失になるか、それもいくらの利益か損失かが変わります。それを具体的に決定づけるのが、利食い価格と損切り価格です。

 

毎年1月にメルマガ読者に、アンケートを行い、損益の理由を聞いていますが、そのトップ3に必ず「損切りの課題」が入っています。損切りができない、あるいは損切りが下手で、多くの投資家は損をしているのです。

 

損切りはというのは、そこで損をしても、最終的には利益につながる損切りでなければいけません。損切りにならない売買は、利食いになり、ここで再び損失と利益のバランスが登場します。

 

損切りは最終的に利益につながるもの。そんな損切りを探すキーワードは、どこからトレンドがスタートしているのか、どこでトレンドが変わるのか?という視点であり、ポイントです。

 

個人投資家はこんな風に考えておらず、どこから今のトレンドがスタートし、どこで自分が乗っているトレンドが変わるか知りません。だから損切りポイントと、利食いポイントもちぐはぐで、その損切りと利食いでは最後に利益が残りません。

これに対して、どこからトレンドがスタートし、自分が乗っているトレンドはどこで変わるのかを知っていれば、そこが損切りポイントや利食いポイントになり、これが合っていれば、自然と利益が上がります。

事実、私が投資を始めて2年目に、突然利益を上げるようになったのは、損切りと利食いが適切なものに変わったからです。トレンドのスタートや、トレンドの転換を教えてくれたのは、メリマンサイクル論でした。サイクルを学びながら、私はトレンドを学んでいました。

 

トレンドはどこからスタートし、どこで変わるのか?考えてみてください。今はまだ分からないと思います。その状態では利益は上がりません。その答えに出会うまで、しっかり学び続けてください。

 

その答えに出会い理解した時、あなたの損切りと利食いは正しいものになり、利益が上がり始めます。利益につながる損切りはそこにあるのです。

 

値動きが理解できていなければ、株の売買で利益を上げることなどできません。まずは1つずつじっくり学んで、値動きを理解してください。値動きを理解し、アップトレンドがどこから始まったのか知りたい人は、私が書いた書籍「誰も教えてくれなかった 結果を出す株式投資理論」を読んで理解を深めてください。利益を上げる時間は、その後で十分に何十年もあります。

 

books-image


まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ