チャンスの正体

2019/09/15

全ての投資家は、チャンスを手に入れたいと思っています。でも手に入れられない人がほとんどです。これはなぜでしょうか?

 

チャンスは、生まれた時、進行中の時にはなかなか分からず、後になって振り返って、「あそこがチャンスだった」と気づくことが多いからです。よく言われる、「後付け」というやつです。

 

今の日経平均株価で、少し実感できますので、解説してみましょう。9/13の終値まで、日経平均株価は9連騰を形成しています。上昇の1日目は9/3ですので、9/2終値で225ミニ先物を買っていたら、9日連続で利益が伸びていることになります。この間下落は一日もありません。これはちょっとしたチャンスです。

 

さすがに9/2終値で買う根拠は何もありませんが、9/5であれば買うことができました。なぜなら9/5に前回8/9高値20,790円を切り上げており、これは同時に8月の保ち合い上放れでもありますので、20,795円で逆指値買いはありです。

 

日経平均株価 日足チャート

チャート出所:「株の達人」

 

この9/5 20,795円からでも、7連騰で利益を広げ続けますが、9/5のエントリー時点にこれは分かりません。つまり上昇するかどうかは不確実です。この不確実を指して、市場では「リスクがある」と言います。

 

今回9/13終値時点の9連騰というチャンス、あるいは9/5買いエントリー後の7連騰というチャンスは、エントリー時にはリスクがあり、そのリスクを許容したから、チャンスを手に入れることができたのです。つまり、「チャンスはリスクの先にある」。

 

このことを理解していない人は、いつまで経ってもチャンスをつかむことができません。なぜなら上手にリスクを許容できないからです。あるいは全くリスクを許容できないか。

 

リスクのないチャンスはありません。チャンスを手に入れるためには、勇気を持って怖い中で飛び込まないといけないのです。なぜそんな怖い中で、リスクを取って飛び込めるようになるかというと、理論を学んで、検証を繰り返して、その先にチャンスがあると信じているからです。

 

チャンスはリスクの先にあります。次のあなたのチャンスは、どんなリスクの先にあるのか考えてみましょう。そして準備を始めましょう。

 

その時が来たと思ったら、勇気を持って飛び込まないといけません。資金管理さえ行っていれば、何度でもチャンスにチャレンジすることができます。そしてその中から、チャンスをつかむことができます。

 

チャンスとはそういうものであり、チャンスをつかむとはそういうことです。

 

チャンスをつかむためには、まずは市場や値動き、売買について学び、理解する必要があります。それらを学び、チャンスを手に入れたい人は、私が書いた書籍「誰も教えてくれなかった 結果を出す株式投資理論」を読んで、株式投資を深く理解してください。その先に、チャンスをつかむことができます。

 

books-image


まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

コラム&レポート Pick Up