トレンドは移動平均線で分かります

2019/08/31

先日開催した株式投資スクールで、参加者の一人から、トレンドが分からないという質問がありました。この質問に対して、最も分かりやすく答えるとすれば、トレンドは移動平均線で分かります。

 

移動平均線はその向きがトレンドの向きを表し、短期線が長期線の上に位置していれば、アップトレンドを表します。逆に短期線が長期線の下に位置していれば、ダウントレンドを表します。

 

移動平均線を使ってトレンドの認識法を理解すれば、チャートの中でトレンドのスタートや継続、終了を判断することができます。

 

つまり〇月〇日にアップトレンドが始まり、□月□日にアップトレンドが終わった、という風に分かるのです。次の問題は、移動平均線には変数と呼ばれる期間の設定があり、どの変数の移動平均線を使うのか、という点です。

 

株のチャートには一般的に25日線と75線が表示されていることが多いと思います。さらに短い5日線や200日線が表示されていることもあります。このうちどれを使えばいいのかと、初心者や初級者は迷い、悩みます。

 

この疑問に答えはなく、「あなたが何のために、何日の移動平均線を使うか」と選択しなければいけません。それぞれの変数は短く小さいトレンドから、長く大きいトレンドまで、様々なトレンドの可能性を示唆します。そしてどの変数の移動平均線を使っても、100%トレンドが分かることなどありません。

 

トレンドを巡る相場の格言に「頭とシッポはくれてやれ」というものがありますが、胴体だけを狙って、全てを獲れるものではないのです。もう1つ加えて言えば、週足や月足の移動平均線では、さらに長く大きいトレンドが見えてきます。

 

これらの選択肢の中で、あなたがどんな目的のために、どの移動平均線を使うのか、その見方と使い方を知れば、移動平均線はあなたにトレンドを教えてくれます。そしてそのトレンドに乗れば、あなたの資金は増えます。Trend is friend.なのです。

 

トレンドが分からない人は、移動平均線でトレンドを認識してください。移動平均線が分からない人は、勉強してください。それはとても具体的な作業で、

今日から始めることができます。作業の先に利益があるのです。

 

私の著書では、上記移動平均線の見方と使い方に関して、もっと詳細に具体的に解説しています。移動平均線でトレンドを判断したい人は、私が書いた書籍「誰も教えてくれなかった 結果を出す投資理論」を読んで理解してください。

 

books-image


まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

コラム&レポート Pick Up