株式投資の利益はこの損切りから始まる

2019/06/19

前回のコラムで、「株を買うのはこの日のこの価格です」と題して、買いエントリーについて解説しました。今日はその続きで、損切りについて解説していきます。

 

買いエントリーの時点で、既に損切りを決めておく必要があります。事前に損切りを決めておいても、実際にその時になるとためらう人が多いのですから、いざその時に決めて、実行しようとしてもほぼ100%損切りすることはできません。

 

そうしてずるずると損失を抱え込んで、どうにもできないくらい巨大な損切りになって初めて、諦めるように損切りします。その時資金は壊滅状態ですので、投資を止めてしまいます。これは100年以上続く、「投資家あるある」です。

 

投資で利益を上げるためには、事前に損切りを決めて、必ず実行する必要があります。

 

そんな損切りですが、ただ損切りすればいいというものではありません。正しい損切りのやり方というものがあります。

 

まず損切りの場所について。損切りというのは、それを続けて実行して、最終的に利益が上がる場所でなければなりません。その意味で、損切りは単独で成立しているのではなく、エントリーポイント、利食いポイントと関連して成立しています。

 

損切りの場所は、エントリーの条件や根拠が消滅・破綻する場所であり、利食いとのバランスが計られていなければいけません。そして損切りした時に失う金額については、投資資金を安全に守る、そんな金額でなければいけません。

 

私は書籍「マーケットの魔術師」や、「魔術師たちの心理学」を読んで、「1回あたりの損切りを、投資資金の1~2%以内」と学び、実践し、教えてきました。損切りには最低限、上記のような意味や力が必要です。

 

そのような視点で、日本の投資環境を眺めて見ると、正しい損切りを実践している投資家はほとんどゼロであり、正しい損切りを教えている人や組織も、ほとんどゼロという恐ろしい状況に気づきます。これではお金が増えるはずはありません。多くの人が投資に失敗するはずです。

 

「投資で最も大切なものは資金管理だ」と言われます。その資金管理の、最初で最大の要素が損切りです。

 

投資で利益を上げるために、まずは損切りを学び、検討し、実行できるようになってください。利益が損切りから始まるのは事実です。

 

株式投資の正しい損切りは、私が書いた書籍「誰も教えてくれなかった 結果を出す株式投資理論」で学び、手に入れることができます。何度も読んで、正しい損切りを手に入れてください。

 

books-image

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。