株式投資で最も大切な技術

2019/06/12

株式投資の技術には色々なものがありますが、中でも最も大切なもの、利益を上げるために最初に必要となる技術とは何だと思いますか?

 

それは資金管理の技術です。これが投資において最も大切で、最初に必要な技術です。

 

しかしこの技術は、投資の世界で詳細に語られることはなく、9割の個人投資家はこの技術を持っていません。試しに、あなたが持っている投資の本を開いて、資金管理についてどれだけ具体的に解説しているか、探してみてください。ほとんど具体的な解説や、技術の紹介はないはずです。

 

資金管理の技術とは、1.あなたに最適な売買サイズを決める技術、2.あなたの投資戦略の最適な損切りポイントを決める技術、3.あなたの投資戦略の適切な損切り比率を決める技術、4.あなたの投資戦略の最適な利食いポイントを決める技術この4つから成り立っています。

 

つまり売買サイズと損切りポイント、利食いポイントを決める技術が、資金管理の技術です。

 

一般の個人投資家は、売買サイズに重要な意味があることを知りません。だからなんとなく売買サイズを決めます。この時点で、ほとんどの人の負けが決定します。実際、私の株式投資も、商品先物取引も、売買サイズが破綻していたお陰で負け続け、1500万円の資金を失いました。

 

これに加えて、損切りポイントも利食いポイントも間違っていますので、これでは勝てるワケがありません。

 

9割の投資家が負けるのは、最重要で最初に必要な資金管理の技術を知らず持っていないからです。

 

トレーダーのバイブルと言われる書籍「マーケットの魔術師」に登場するスーパートレーダーたちのほぼ全員が、「トレードで最も大切なものは資金管理だ」と言っています。これは投資の真実です。

 

投資やトレードの技術を手に入れ、将来利益を上げ、資産を増やしたい人は、最初に資金管理の技術を学び手に入れましょう。それが利益につながる最初の技術です。

 

私が書いた書籍には、必ず資金管理のことを解説します。利益を生み出す資金管理の技術を持っていない投資家は、書籍「誰も教えてくれなかった 結果を出す株式投資理論」を読んで、資金管理の技術を手に入れてください。

 

books-image

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

コラム&レポート Pick Up