意外に気づかない損失の理由

2019/03/07

個人投資家が意外に気づいていない事実があります。それは、いかに自分がいい加減に、曖昧な理由で売買をしているのかということ。大切なお金を投じて、真剣に投資に臨んでいるはずなのに、実際はこうなってしまっています。

 

そのことに気づくための、最もカンタンな方法は、「自分の売買の理由を紙に書いてみること」。これをやると、自分の売買がいい加減で曖昧だったと、すぐに気づきます。なぜなら売買の理由を書けないからです。つまり、理由もなく売買し、理由もなく損をしています。

 

紙に書けば、そのことにすぐに気づくと書きましたが、紙に書かない限りこのことに気づかないという皮肉もあります。おそらく9割の投資家は、自分の売買の理由を紙に書いて確認することはありません。そして市場では9割の投資家が損をしています。この数字も決して無関係ではありません。

 

自分の売買の理由を紙に書いて、その理由が、いかに根拠がないのか、利益を上げるのに不十分なのかを確認してください。利益への第一歩はここから始まります。松下誠の投資スクールでは、生徒は全員「書く投資」を行っています。

 

「書く投資」とは何か、利益を上げる売買の理由とは何かを知りたい人は、私が書いた書籍「誰も教えてくれなかった 結果を出す株式投資理論」を読んで手に入れてください。松下誠は、「書く投資」で利益を上げてきました。

 

books-image

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。