なぜ儲かりもしない短期売買を続けていますか?

2019/02/19

先日東京で、松下誠の投資スクール株式投資売買技術修得コースを開催してきました。遠方の山口県と広島県からも、それぞれ1名ずつの投資家が参加され、熱くみっちりと教えてきました。

 

今回はスクール初日でしたので、授業の開始前に、カンタンな事前アンケートを記入していただき、皆さんの投資経験や投資家としての背景をお聞きしました。

 

そのアンケートを見て驚いたのですが、何と参加者の9割が、30日以内の短期売買を自分の投資スタイルとしていました。現在の個人投資家の売買が、短期の傾向にあると薄々は感じていたのですが、これほどとは驚きました。

 

授業を進めながら、なぜ短期売買を選ぶのか、優位性や選択の理由、現在の損益などを確認しましたが、ほんとんどの人は、何となく、資金効率などを考えてといった理由がほとんどでした。この点で大きな間違いを犯しています。

 

短期売買だから大きく儲かるとか、短期売買だから資金効率がよくなるなどということはありません。何よりも、圧倒的多くの投資家は、短期売買で損をしているのですから、資金効率も何もありません。まずは資金管理ありきです。

 

それで利益を上げられるようになってから、初めて資金効率の話に進めます。ほとんどの個人投資家は、資金効率など考えずに、まずは現物株の買いで利益を上げる、これが最初にクリアすべき目標です。

 

もう1つ、私が短期売買に反対する理由は、あなたはこれから株式の売買を、20年以上、人によっては40年とか、50年とか続けていくからです。想像してみてください。これから20年、30年と毎日毎日、PCの前に座って、短期売買を続けたいですか。

 

それよりも数年に1度の大きなチャンスで買って、放ったらかしで、利益を大きく伸ばしたくないですか。短期売買は短ければ短いほど、体に負担が掛かります。作業の時間も必要です。

 

長く続けて、資産を大きく増やすことを考えたら、短期売買の選択はどんどん狭まると思います。株式投資は、長く続ければ続けるほど、大きく儲かります。それは20年、30年と、具体的に続いていく人生の1ページですので、そのことも考えて、売買スタイルを決めてください。

 

利益を上げるために株式投資を行い、その目的に最善の売買スタイルを見つけたい人は、私が書いた書籍「誰も教えてくれなかった 結果を出す株式投資理論」を読んでください。この本には、私が15年をかけて3万人以上の投資家に、投資を教えてきた経験からの、あなたのための売買スタイルの探し方・決め方が書いています。

 

books-image

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

コラム&レポート Pick Up