利益の理由ベスト5

2019/02/17

前回の記事では、2018年個人投資家実績アンケートの結果から、損失の理由ベスト5を解説しました。今日は、利益の理由ベスト5を紹介し、解説していきます。

 

1位 ルールの設定、遵守 2位 資金管理 3位 損切り 4位 トレンドフォロー 5位 メンタルコントロール、トレード対象を限定した、長期投資

 

今年のアンケート結果は、非常に印象的でした。損失の理由の1位もルールで、利益の理由の1位もルールでした。つまりルールがなく、ルールを守れない投資家が損をして、ルールを作り、ルールを守った投資家が利益を上げました。

 

損失の理由で3位だった資金管理が、利益の理由の2位に入り、損失の理由で2位だった損切りが、利益の理由の3位に入りました。ルール、損切り、資金管理が本当に損益のカギを握っていることが分かります。これは300名近い個人投資家の生の声です。

 

4位にトレンドフォローが入り、トレンドの重要性や。環境認識の重要性を教えてくれています。5位には損失の理由でも5位に入った、メンタルコントロールが入りました。そして損失の理由の4位に入った、勉強不足、知識不足、理解不足は、利益の理由の8位に入っていました。

 

結局、投資家はしっかり自分の損失の理由、利益の理由を理解しているのです。そしてそれは複雑で高度なものではなく、誰もが知っている基本的なものです。基本をしっかり押さえて、当たり前のことを当たり前にやれば、損失を防ぐことができ、利益を上げることができます。

 

これは私がいつも言っていることです。ぜひこのアンケート結果を、あなたの投資に役立ててください。

 

他に、非常に嬉しい変わり種の利益の理由がありましたので、紹介します。

 

「松下誠の投資スクールに参加した」

「松下さんの動画を見るようになった」

「ターゲティング投資理論講座を受講した」

「松下先生の講座に参加し、本を10冊読むように指導され、実際に10冊以上読んだ」

 

いずれも私との出会いで、投資に良い変化が訪れたご報告です。ありがとうございます。最後の答えはスゴイですね。本は10冊読んだ方がいいですよ。読めば読むほど儲かります。今年もこんな風にして、私との出会いや、スクール、各種の講座などが、多くの投資家の利益につながるように、頑張って教えていきます。

 

損失の理由も、利益の理由も同じであり、ルール、資金管理、損切り、メンタルコントロールが、その筆頭です。これらを学び手に入れたい人は、私が書いた書籍「誰も教えてくれなかった 結果を出す株式投資理論」を読んで、手に入れてください。これは私が14年以上教えてきた内容の集大成ともいえる本です。

 

books-image

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。