減収減益の環境下でも松井証券<8628>はアップトレンド形成、その理由が分かりますか?

2018/09/07

私(松下誠)の投資アドバイスで、松井証券<8628>とダイキン<6367>が利食いとなりました。

 

松井証券<8628>はサイクルトレードで、2017年10月30日に950円で買い推奨、途中に段階的な利食いを入れながら、目先の下落調整が始まったと考え、9月3日1169円で利食いとしました。

 

松井証券<8628>の利食い 日足

0907松井証券

 

サイクルトレードは、中長期保有の買い戦略であり、途中に3月決算の高配当をゲットして、308日の保有で23%の株価上昇での利食いとなりました。

 

松井証券<8628>は減収減益の厳しい環境下でしたが、中長期サイクルのスタートに合わせて、プライマリーサイクルスタートのポイントでうまく逆張りがはまりました。中期のアップトレンドに乗った、会心のサイクルトレードでした。

 

ダイキン<6367>は保ち合いブレイクアウトで、8月27日13,800円で買い推奨、買い直後から含み利益を拡大、安全な利食いを優先し、9月3日始値14000円で利食いとしました。

 

ダイキン<6367>の利食い 日足

0907ダイキン

 

保ち合いブレイクアウトは、保ち合い上放れ後の瞬間的な上昇を狙う戦略であり、効果的に上放れ後の上昇をゲットできました。保有日数はわずか7日、エントリーからエグジットまで、1週間で完結する短期売買となりました。

 

 

セコム<9735>は保ち合いブレイクアウトで、8月15日に8701円で買い推奨、途中半分の買いポジションの利食いを行った後、今週トレンドが弱くなったことを確認し、9月6日始値9007円で利食いとしました。

 

セコム<9735>の利食い 日足

0907セコム

 

きれいに保ち合いブレイクアウトの上昇を、利益としてゲットでき、こちらも会心の短期ブレイクアウトトレードとなりました。

 

株式投資とは、このようにして明確なターゲットとそれに合わせた戦略やルールを駆使して、計画的に行われるものです。多くの個人投資家は、このよう前提や考え方を知らず、いつも予想と願望の売買に終始しており、これでは株式投資で勝てるはずはありません。利益を上げるために投資を行うのであれば、利益を上げる真実の投資に早く気づき、学んで欲しいと思います。真実の株式投資を知り、学び、身に着けたい人は、私が書いた書籍「誰も教えてくれなかった 結果を出す株式投資理論」を読んで手に入れてください。

 

books-image

この記事を書いている人

松下 誠
投資家を育てる専門家。これまで累計3万人に本物の投資を教育してきた。
セミナー講師として登壇した回数は過去200回以上。参加者は「とてもわかりやすい」「今まで誰も教えてくれなかった理論を教えてくれる」「甘い自分を律してくれる」とセミナーは毎回好評を評している。

アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
今週の「利食い千人力」   アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
アイフィス・インベストメント・マネジメントが提供する投資助言サービス「セーフリッチプログラム」で推奨した銘柄のエグジットのタイミングで当該銘柄の投資戦略を振り返り解説します。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本情報に基づいて行われる判断について、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。