AM One「柏原延行」の Market View #131 米中貿易・知財問題の勘所は?

2018/12/05

皆さま こんにちは。

アセットマネジメントOneで、チーフ・グローバル・ストラテジストを務めます柏原延行です。

早くも、12月を迎えました。1年がたつのは本当に早いですね。

  • 米中首脳会談の結果をごく簡単に纏めると、①米国は関税引き上げを延期すること、②中国は農産物の購入を速やかに開始すること、③強制技術移転、知的財産保護、非関税障壁、サイバー攻撃、サービス産業や農業の観点での交渉が90日間という期限を設けて開始されることである。
  • この内容は、ホワイトハウスのホームページから整理したものですが、この内容をみるかぎり、一方的に米国にとって有利であると評価することもできると思われる
  • 中国にとって、メリットがある内容は、①時間的な猶予、②(とてもうがった見方をすると)中国の国策である「中国製造2025」について、これを妨げるような直接的な文言がなかったことであると思われる。
  • 株式市場への影響という観点からの解釈を、ポジティブ、ネガティブに分けて整理した。私は、ナバロ氏など対中強硬派の本件への影響力が強まる懸念はあるが、全体としてはポジティブに解釈することが素直であると考える。 

続きはこちらから

AM One「柏原延行」の Market View 過去分

 アセットマネジメントOne ホームページ

アセットマネジメントOne株式会社
AM One「柏原延行」のMarket View   アセットマネジメントOne株式会社
運用会社に勤務して、はや25年を超えました。遊び心も忘れずに、皆さまのお役に立てるコラムをお届けしたいと考えます。
【ご注意事項】
・当資料は、アセットマネジメントOne株式会社が作成したものです。
・当資料は、情報提供を目的とするものであり、投資家に対する投資勧誘を目的とするものではありません。
・当資料は、アセットマネジメントOne株式会社が信頼できると判断したデータにより作成しておりますが、その内容の完全性、正確性について、同社が保証するものではありません。また掲載データは過去の実績であり、将来の運用成果を保証するものではありません。
・当資料における内容は作成時点のものであり、今後予告なく変更される場合があります。
・投資信託は、預金等や保険契約ではありません。また、預金保険機構および保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。加えて、証券会社を通して購入していない場合には投資者保護基金の対象ではありません。
1.購入金額について元本保証および利回り保証のいずれもありません。
2.投資した資産の価値が減少して購入金額を下回る場合がありますが、これによる損失は購入者が負担することとなります。