フロンティア不動産投資法人(8964)の2021年6月期(第34期)決算は、コロナ禍においても9期連続で10,000円超の分配金を継続。

2021/12/09



btn03_hvdbtn01_hvdbtn02_hvd
説明会開催日:2021年8月16日
代表取締役社長 小野 伸太郎氏

◎決算サマリーと業績予想
〈第34期決算〉
・営業収益は107.5億円(前期比-0.9%)、営業利益は57.4億円(+2.4%)、経常利益は54.9億円(+2.9%)
・1口当たり分配金は、10,747円(前期比+299円)
・コロナ禍においても9期連続で10,000円超の分配金を継続
・将来の内部成長に向けた取組み-「上池台東急ストア」(2021年1月)
・堅実かつ保守的な財務運営を継続、高水準の格付を維持
・DBJ Green Building認証を新規取得
〈2021年12月期(第35期)業績予想〉
・営業収益は113.5億円(前期比+5.6%)、営業利益は61.5億円(+7.1%) 、経常利益は58.1億円(+6.0%)を予想
・1口当たり分配金は、10,750円(前期比+3円)を予想
・ポートフォリオの安定性と成長性の両立を可能とするスポンサー開発物件を取得-「三井ショッピングパーク ららぽーと新三郷(本体棟)(共有持分34%)」「銀座5丁目グローブ」「竹下通りスクエア」(2021年7月)
〈2022年6月期(第36期)業績予想〉
・営業収益は113.9億円、営業利益は61.3億円、経常利益は58.4億円を予想
・1口当たり分配金は、10,810円を予想

 

◎運用ハイライト
<内部成長>
▽上池台東急ストア(食品スーパー・その他)
・ 2021年1月、株式会社東急ストアとの契約期間満了となる2022年3月から75.4%の賃料増額を実現する新規の定期建物賃貸借契約を締結
<外部成長>
▽三井ショッピングパーク ららぽーと新三郷(本体棟)(共有持分34%)(リージョナルSC)
・三井不動産がマスターレッシーとなる安定した収益基盤
・追加取得により100%保有へ
▽銀座5丁目グローブ(都心型商業施設)
・ 銀座のみゆき通り沿いに所在
・「TUMI」の日本最大の直営店と老舗スペイン料理店が出店
▽竹下通りスクエア(都心型商業施設)
・原宿の竹下通り沿いに所在
・三越伊勢丹グループが展開する「ALTA」が出店◎サステナビリティへの取組み
・イオンスタイル品川シーサイドにおいてDBJ Green Building認証3つ星を取得
・Green Building認証取得率は80%超

 


株式会社i‐Cue(アイキュー)
決算中継「社長のビジョン」   株式会社i‐Cue(アイキュー)
上場会社が投資家向けに実施する会社説明会。ほとんどの会社では、トップの社長から、直接成長ストーリーや将来ビジョンについての説明を聞くことができます。個人投資家にとって、投資判断を左右する情報を読み取れる欠かせない機会となっています。
【各企業の動画一覧ページはこちら】
免責事項
当社の将来についての計画、戦略及び業績に関する予想と見通しの記述が含まれています。これらの情報は現在入手可能な情報による判断及び仮定に基づき算出しており、今後の事業内容等の変化により実際の業績等が予想と大きく異なる可能性がございます。
運営会社:株式会社i‐Cue(アイキュー)
Copyright 2015 i‐Cue Inc.All Rights Reserved.

このページのトップへ