フロンティア不動産投資法人(8964)の第29期決算は4期連続10,000円超の分配金を実現

2019/04/09



btn03_hvdbtn01_hvdbtn02_hvd

説明会開催日:2019年2月18日
代表取締役社長 藤山 吾朗氏

◎決算サマリーと業績予想
・営業収益は103.4億円(前期比+1億円)、営業利益は54.5億円(+0.3億円)
・1口当たり分配金は、10,282円(前期比+88円)
・4期連続10,000円超の分配金を実現
・「カナート洛北」(2018年9月)-賃料増額についてマスターレッシー(株式会社エイチ・ツー・オー アセットマネジメント)と合意
・「パピヨンプラザ」(2018年10月)-増改築事業実施について大和リース株式会社と基本合意
・「コストコホールセール新三郷倉庫店(底地)」(2018年9月)-ガソリンスタンド開業による賃料(地代)増額
・J-REIT初の超長期債2本同時起債(2018年7月)-第3回投資法人債(10億円、12年、0.68%)、第4回投資法人債(10億円、20年、1.00%)
・第30期業績予想は、営業収益は102.4億円(前期比-1億円)、営業利益は54.7億円(+0.1億円)を予想
・1口当たり分配金は、10,490円(前期比+208円)を予想

 

◎運用ハイライト
▽中規模ショッピングセンター
・カナート洛北(ネイバーフッドSC)
-隣接地におけるマスターレッシー(株式会社エイチ・ツー・オーアセットマネジメント)の 増築棟建設工事に伴い、既存棟改修工事の実施を決定
-2018年9月、既存棟等改修工事の実施に伴い、建物賃貸借変更契約を締結。賃料の増額及び契約満了日の変更に合意。
・パピヨンプラザ(ネイバーフッドSC)
-2018年10月、大和リース株式会社による増改築事業実施について基本協定を締結
-安定収益が期待できる新築建物の取得機会を獲得
▽保守的な財務運営
第29期末LTV(敷金保証金含む) 43.8%
第29期末有利子負債比率(敷金保証金除く) 32.1%

 

◎サステナビリティへの取り組み
・GRESBリアルエステイト評価「Green Star」、GRESBレーティング「4 Star」を取得(2018年9月)
・ギンザ・グラッセについてCASBEE不動産評価認証 最高位「Sランク」を取得(2018年8月)

 


株式会社i‐Cue(アイキュー)
決算中継「社長のビジョン」   株式会社i‐Cue(アイキュー)
上場会社が投資家向けに実施する会社説明会。ほとんどの会社では、トップの社長から、直接成長ストーリーや将来ビジョンについての説明を聞くことができます。個人投資家にとって、投資判断を左右する情報を読み取れる欠かせない機会となっています。
【各企業の動画一覧ページはこちら】
免責事項
当社の将来についての計画、戦略及び業績に関する予想と見通しの記述が含まれています。これらの情報は現在入手可能な情報による判断及び仮定に基づき算出しており、今後の事業内容等の変化により実際の業績等が予想と大きく異なる可能性がございます。
運営会社:株式会社i‐Cue(アイキュー)
Copyright 2015 i‐Cue Inc.All Rights Reserved.