上場会見:インティメート・マージャーの簗島社長、データを多領域で活かす

2019/10/25

24日、インティメート・マージャー<7072>が東証マザーズに上場した。初値は付かず公開価格の1900円の2.3倍となる4370円の買い気配で引けた。同社は独自のデータマネジメントプラットフォーム(Data Management Platform)「IM-DMP」のデータを活用して、クライアント企業のマーケティングを支援する。簗島亮次社長が東京証券取引所で上場会見を行った。

データによる効率化を身近に感じられるものにしたいと話す簗島社長

データによる効率化を身近に感じられるものにしたいと話す簗島社長

―買い気配で引けたが
個人投資家からかなり期待されていると思う。期待にぜひ応えたい。データの領域は個人投資家の実際の生活のなかでは、実感して何かを得られる事例は少ないと思うが、我々が持っているデータやサービス開発力を活かし、実感できるような効率化や最適化で、身近に感じられるようにしたい。

―事業の概要について
データによる意思決定や効率化を提供し、マーケティング活動を支援する。IM-DMPによるマーケティング支援や、顧客が使っているCRMなどマーケティングツールを効率化するデータを提供する事業や、新規事業として、セールステック領域でのサービスを広げている。

―業績について
売り上げが着実に増えており、年間成長率は117%。2019年9月期は記事の全文はこちら

株式会社キャピタル・アイ
IPO取材ノート   株式会社キャピタル・アイ
新規上場企業について、(1)会社概要、(2)株式募集の概要、(3)条件決定の背景、(4)上場の目的、(5)上場会見 などの情報を記事・レポートとして提供いたします。
キャピタルアイ・ニュースは、本邦関連の資本市場情報をリアルタイムに報道する日本語ニュースサービスです。
本レポートの権利は株式会社キャピタル・アイに属します。いかなる形でも掲載記事・写真・図表などの複製、無断転載を禁止します。免責、著作権、個人情報保護法等については、以下のリンクをご参照ください。
http://c-eye.ne.jp/html/policy.html