上場会見:HENNGEの小椋社長、強固な基盤と低い解約率

2019/10/08

8日、HENNGE<4475>が東証マザーズに上場した。初値は公開価格の1400円を42.93%上回る2001円を付け、1904円で引けた。同社は企業内のID統合やアクセス制限などの機能をSaaS形式で提供する「HENNGE One」を主力サービスとする。小椋一宏社長が東京証券取引所で上場会見を行った。

クラウド利用の拡大について話す小椋社長

クラウド利用の拡大について話す小椋社長

―初値が公開価格を上回った
投資家からの非常に強い期待を実感している。今後も期待に応えるために、さらに高い成長を果たせるよう気を引き締めていきたい。

―事業の内容は
企業が複数のSaaSサービスを利用している場合、各従業員のIDを作ったり削除しなければいけなくなり、業務が煩雑になる。HENNGE Oneを使うことで、様々なサービスを横断して使うことができる。顧客は一つのIDを使うことでユーザーを管理できる。従業員も単一のIDでアクセスでき、パスワードなどを覚える手間が減る。

もう一つの機能はアクセスコントロールだ。サービスごとにアクセスポリシーを設けたい場合に使う。例えば、カオナビのような人事情報を扱うSaaSサービスでは、記事の全文はこちら

株式会社キャピタル・アイ
IPO取材ノート   株式会社キャピタル・アイ
新規上場企業について、(1)会社概要、(2)株式募集の概要、(3)条件決定の背景、(4)上場の目的、(5)上場会見 などの情報を記事・レポートとして提供いたします。
キャピタルアイ・ニュースは、本邦関連の資本市場情報をリアルタイムに報道する日本語ニュースサービスです。
本レポートの権利は株式会社キャピタル・アイに属します。いかなる形でも掲載記事・写真・図表などの複製、無断転載を禁止します。免責、著作権、個人情報保護法等については、以下のリンクをご参照ください。
http://c-eye.ne.jp/html/policy.html