信和(3447)の山田社長、次世代足場もシェア4割へ

2018/03/20

20日、信和(3447)が東証2部に新規上場した。初値は公開価格の1150円を3.83%下回る1106円で、終値は1165円だった。同社は建設現場などで使われる足場や物流機器の開発・販売を手掛ける。山田博社長らが東京証券取引所で上場会見を行った。

信和 山田社長

長期的な視野から、海外シフトも検討しているという山田社長

―上場初日の感想は
身が引き締まる思い。仮設資材は工事の時にしか見られないが、関係者を守る必需品。事業に派手さはないがより良い製品づくりを通して社会に貢献していきたい。

―初日は公開価格を下回った
真摯に受け止め、今後は投資家の期待に添えるような業績を残せるように頑張っていきたい。

―事業の強みは
システム足場の分野では37%のシェアを占めている。製造能力は月間5000トンほどあり、同業種のメーカー間で供給能力トップの自負がある。安全性に配慮した次世代足場の分野では今期22%ほどのシェアがある。

建築業界は人手不足の問題がある。従来の枠組足場は組み立てが難しく時間もかかる。システム足場であれば同じ面積の足場を4割ほど早く組める。人手を少なくできる点で人手不足の緩和に貢献できる。

―成長戦略は
2~3年の間に次世代足場のシェアを40%に近づけたい。また、上場を機にこれまで手掛けていなかった農業や建材分野に物流機器事業を広げていきたい。レンタル事業にも・・・記事の全文はこちら

キャピタル・アイ
IPO取材ノート   キャピタル・アイ
国内外での資金調達、金融機関の引受活動および投資家動向等をリアルタイムに報道するニュース・サービスを提供しています。IPO取材ノートでは、新規上場銘柄の株式募集の概要、条件決定の背景、上場会見などについてレポートしています。

このページのトップへ