ギフト(9279)の田川社長、「国内1000店舗、海外1000店舗を」

2018/10/19

19日、ギフト(9279)が東証マザーズに新規上場した。初値は公開価格の2090円を77.51%上回る3710円で、終値は3410円だった。横浜家系ラーメン「町田商店」を始めとした5ブランドのラーメン店を国内外で経営する。今年7月末で直営店・業務委託店、プロデュース店は計408店舗。田川翔社長が東京証券取引所で上場会見を行った。

田川社長によれば、プロデュース店の屋号は店に愛着を持ってもらえるようオーナーが自由に決めるという

田川社長によれば、プロデュース店の屋号は、店に愛着を持ってもらえるようオーナーが自由に決める

―初値が公開価格を上回った
非常に高い評価と考えている。事業の成長という形でしっかりと期待に応えていきたい。

―いつごろから上場を
3年半前から考えており、その時に立てた最短のスケジュールで上場することができた。

―人材不足など飲食業界が苦戦するなかで上場した意味合いは
上場を目指した理由の一つでもあるが、飲食業がブラックと叫ばれているなか、上場するということは、そこがクリーンであるという証明になると考えているため、飲食店で働きたい人が、安心して当社に来てもらえると考えている。上場を機により採用面が一層良くなることで出店を加速できればと考えている。

―現状での採用状況は
飲食店は人が全てだと思っているので、・・・記事の全文はこちら

キャピタル・アイ
IPO取材ノート   キャピタル・アイ
国内外での資金調達、金融機関の引受活動および投資家動向等をリアルタイムに報道するニュース・サービスを提供しています。IPO取材ノートでは、新規上場銘柄の株式募集の概要、条件決定の背景、上場会見などについてレポートしています。

このページのトップへ