上場会見:フリーの佐々木社長、SaaS業界を盛り上げる

2019/12/20

17日、フリーが東証マザーズに上場した。初値は、公開価格の2000円を25.00%上回る2500円を付け、2700円で引けた。同社は会計や人事労務を自動化してスモールビジネス(SMB)を支援するクラウド型ERPシステムをSaaSで提供する。佐々木大輔社長と東後澄人CFOが東京都内で上場および戦略に関する会見を行った。

メディアからの質問に答える佐々木社長(左)と東後CFO(右)

メディアからの質問に答える佐々木社長(左)と東後CFO(右)

―午前の終値が2664円で公募価格を上回ったが
東後CFO:投資家から期待に沿えるよう引き続き事業を推進し企業価値の向上に努めていく。

佐々木社長:市場で決めることなので、感想を持ちづらいが、記事の全文はこちら

キャピタル・アイ
IPO取材ノート   キャピタル・アイ
国内外での資金調達、金融機関の引受活動および投資家動向等をリアルタイムに報道するニュース・サービスを提供しています。IPO取材ノートでは、新規上場銘柄の株式募集の概要、条件決定の背景、上場会見などについてレポートしています。