上場会見:アンビスHDの柴原社長、病床シェアで地域医療の穴を埋める

2019/10/09

9日、アンビスホールディングス<7071>が東証ジャスダックスタンダードに上場した。初値は公開価格の2800円を52.14%上回る4260円を付け、4170円で引けた。同社は住宅型有料老人ホーム「医心館」施設内における訪問看護・介護や居宅介護支援、障害者支援などのサービスの提供と、「医療施設型ホスピス」を運営する。柴原慶一社長が東京証券取引所で上場会見を行った。

事業展望を語る柴原社長

事業展望を語る柴原社長

―初値が公開価格を上回った
大変嬉しく思っている。それだけ市場から期待されているということで、ますます経営と運営を一生懸命に行わなければいけない。上場はゴールでも通過点でもなく、出発点だと考えている。これからも様々な社会課題を解決すべく新しい事業を創出し、実現させる挑戦者であり続けたい。

―事業内容について
医療過疎地の病院再生を事業目的化したのが当初の事業。現在は医療頻度の高い人々の受け皿を提供するため、慢性期・終末期の看護・介護ケアに特化した医療施設型ホスピス「医心館」を運営している。入居対象者を医療依存度の高い人に限定することで、訪問看護事業において介護保険に加え、医療保険を収益化している。志とビジョンある医療・介護で社会を元気に幸せにという経営方針の下、地域医療の強化・再生を掲げている。

―会社の特徴は
特別養護老人ホーム(特養)や介護老人保健施設(老健)、一般的な老人ホームとは一線を画している。特養は夜間の看護師の配置義務がないため、記事の全文はこちら

キャピタル・アイ
IPO取材ノート   キャピタル・アイ
国内外での資金調達、金融機関の引受活動および投資家動向等をリアルタイムに報道するニュース・サービスを提供しています。IPO取材ノートでは、新規上場銘柄の株式募集の概要、条件決定の背景、上場会見などについてレポートしています。