上場会見:ツクルバ(2978)の村上社長、住宅流通をテクノロジーで統合

2019/07/31

31日、ツクルバ(2978)が東証マザーズに上場した。初値は公開価格の2050円を付け、2117円で引けた。中古住宅流通プラットフォームの「cowcamo」事業とシェアードワークプレイス事業を手掛ける。村上浩輝社長が、東京証券取引所で上場会見を行った。

中古住宅市場の拡大について話す村上浩輝社長

―初値が公開価格と同じだった
想定した価格と市場での期待の価格が同じで安堵している。今後も株主や社会の期待に応えられるように、業容拡大を一層頑張っていきたい。

―事業の内容は
創業から最初の4年はデザインを受託し、自己資本で黒字経営をしていた。4年前に外部資本を導入して、居住用の中古住宅流通プラットフォームに特化したITサービスcowcamo事業を始め、その急拡大に牽引される形で急成長した。現在の主力はcowcamo事業だ。

居住用住宅のプラットフォームを手掛けるのは我々のみで、独自のポジショニングとなっている。WEBやアプリで売主と買主をマッチングさせ、成約時に双方から手数料を受け取るビジネスモデル。個人会員の積み上がりで、取引件数と流通総額が比例して伸びていく。

私自身、住宅情報サービスのLIFULL(旧ネクスト)に所属して記事の全文はこちら

キャピタル・アイ
IPO取材ノート   キャピタル・アイ
国内外での資金調達、金融機関の引受活動および投資家動向等をリアルタイムに報道するニュース・サービスを提供しています。IPO取材ノートでは、新規上場銘柄の株式募集の概要、条件決定の背景、上場会見などについてレポートしています。