サーバーワークス(4434)の大石社長、「社会が変わるインパクトがある」

2019/03/13

13日、サーバーワークス(4434)が東証マザーズに上場した。初値は付かず、公募価格である4780円の2.3倍となる1万1000円で引けた。企業の基幹業務系システムをAmazon Web Services(AWS)でクラウド環境へ移行するクラウドインテグレーションサービスなどを提供する。大石良社長が東京証券取引所で上場会見を行った。

大石社長によると、今後インテグレーション分野でAIを活用したサービスの導入支援を手掛けていく。

大石社長によると、今後インテグレーション分野でAIを活用したサービスの導入支援を手掛けていく。

―初値が付かなかった
非常に大きな期待があると認識しており、その期待に応える結果を出していきたい。

―業務内容は
アマゾンやマイクロソフト、グーグルなどセキュリティのしっかりした大手ベンダーにデータを預けるパブリッククラウドを利用するために、サーバーやストレージ、ネットワークなどのインフラをクラウドとして提供するPaaSやIaaSサービスを手掛けている。

クラウドインテグレーションは日本の企業がアマゾンのクラウドサービスであるAWSを使いたいというときのデータ移行など専門スタッフによる導入支援サービス。リセールは、本来クレジットカードを使ってドルで支払う必要があるAWSのサービスを、請求書を使い日本円で支払えるようにする。また、保険も付けている。これは、万一AWSに大事故があった場合、損失を保証する保険サービス。クラウドオートメーターというAWSの運用を自動化するサービスとのバンドルもある。

―強みは
まずはAWSに認定されたプレミアムパートナーであること。パートナー企業には全世界で2万社以上が名乗りを上げている。アマゾンが4段階に格付けし、プレミアムパートナーはその最上位で80社ほどが認定される。毎年更新され落ちる可能性もある厳しい認定で、我々は5年連続で選定され、知名度獲得に貢献している。

二つ目は豊富な実績だ。日本で最初に導入支援サービスを始め、中堅から大企業まで累計700社が導入している。自社サービスのクラウドオートメーターの存在もある。運用を自動化するサービスを自社開発し提供している。総合商社の丸紅では、記事の全文はこちら

キャピタル・アイ
IPO取材ノート   キャピタル・アイ
国内外での資金調達、金融機関の引受活動および投資家動向等をリアルタイムに報道するニュース・サービスを提供しています。IPO取材ノートでは、新規上場銘柄の株式募集の概要、条件決定の背景、上場会見などについてレポートしています。

このページのトップへ