山崎元「ホンネの投資教室」
rss

楽天証券株式会社
山崎元「ホンネの投資教室」   楽天証券株式会社
楽天証券経済研究所客員研究員の山崎元の提供レポートです。経済やマーケット、株式投資、資産運用のノウハウと考え方など幅広い情報提供をおこなってまいります。資産運用の参考にお役立てください。
2015/03/06

<長短共に低金利をどう考えるか> 低金利が続いている。短期金利は、福井総裁時代に日銀が政策金利のゼロ金利を一時的に解除した(大失敗だったが)時期を除いて、「ほぼゼロ」がずっと続いて … [ 記事全文 ]

2015/02/20

<年金運用の特徴> 企業年金や公的年金など年金の積立金の運用は、運用業界にとって投資信託と並ぶ大きなビジネスだ。ビジネスとして、年金運用と投資信託を比較すると、年金運用は、顧客(年 … [ 記事全文 ]

2015/02/06

前回に引き続いて、個人投資家向けのお金の運用の簡便法を検討する。今回は、具体的な投資商品と配分まで決めた結論を出す。 <アセットアロケーションを検討する> 個人の資産運用は、丁寧に … [ 記事全文 ]

2015/01/23

<「全面改定 超簡単お金の運用術」の運用法> 拙著の中で割合よく読んで頂いている本に、「全面改定 超簡単お金の運用術」(朝日新書、2013年9月刊)がある。「本書の目的は、㈠ 極め … [ 記事全文 ]

2015/01/13

<授業への招待> 筆者は、獨協大学で週に二コマ「金融資産運用論」と題する授業を持っている。そのうちの一方は、バートン・マルキールの「ウォール街のランダムウォーカー」(井手正介訳、日 … [ 記事全文 ]

2014/12/22

<追加緩和・GPIF・総選挙・リスクオフ、…> 12月14日に安倍首相が「アベノミクス選挙」だと宣言した総選挙が行われ、与党が大勝した。この前には、10月31日に日銀が追加緩和を発 … [ 記事全文 ]

2014/12/05

<例えば学生に何を覚えて欲しいか> 筆者は、獨協大学で「金融資産運用論」と題する講義を担当しており、週に2コマ(1コマ90分)、学部の学生(1年生から4年生)に、主に金融資産運用に … [ 記事全文 ]

2014/11/21

<「アベノミクス2.0」のスタート> 安倍首相は、11月18日の記者会見で、11月21日に衆議院を解散すること、加えて、来年10月に予定されている消費税率の10%への再引き上げを1 … [ 記事全文 ]

2014/11/10

<シンプルな出来上がり> 注目されていたGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の新しい運用方針が10月31日に発表された。内外の株式、債券4資産の比率をまとめたもので、国内株式 … [ 記事全文 ]

2014/10/03

<今年ベストのビジネス書> 今回は、秋の読書への推薦図書をご紹介しよう。ピーター・ティール「ゼロ・トゥ・ワン」(関美和訳、NHK出版)が素晴らしい。筆者は特に書評を専門としている訳 … [ 記事全文 ]

2014/09/19

<「長期経済見通し」をどう扱うか> 運用の一般論として、マクロの経済見通しで投資戦略を考えることは「殆ど有効でない」。それは、そもそも(1)運用に有効なレベルで正確に経済を見通すこ … [ 記事全文 ]

2014/09/05

<GPIFの運用計画の真の「見所」> 現在、株式市場ではGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が近々発表すると予想されている新しい運用計画に、特に資産配分を示す「基本ポートフォ … [ 記事全文 ]

2014/08/15

<スマートベータとは何か> 近年、「スマートベータ」と呼ばれる運用商品が関心を集めている。『日本経済新聞』(8月13日朝刊19面)の田村正之編集委員が執筆した「『賢い指数』投信に新 … [ 記事全文 ]

2014/08/01

筆者は、獨協大学で「金融資産運用論」と題する授業を週に2コマ担当している。一方では、入門的な運用常識全般の説明をし、他方では、バートン・マルキール「ウォール街のランダム・ウォーカー … [ 記事全文 ]

2014/07/18

昨今、「GPIF」が頻繁に話題になる。GPIFとは、年金積立金管理運用独立行政法人(英文名Government Pension Investment Fund)のことで、厚生年金と … [ 記事全文 ]

2014/07/04

<株価水準の考え方> このコラムで以前に、「投資を考える上で最も役に立つ数式」として、一定の率(g)で成長が続く将来のキャッシュフロー(初期値はE)を、一定の割引率(r)で割引現在 … [ 記事全文 ]

2014/06/20

<「市場の効率性」は関係あるか?> 運用業界にとって不都合だが、強力な事実がある。(事実1)アクティブ運用の平均はインデックス運用に劣る、(事実2)優れたアクティブ運用を「事前に」 … [ 記事全文 ]

2014/06/06

<最初の担当ファンドはバランス・ファンドだった> バランス・ファンドとは、内外の株式・債券といった複数のアセット・クラス(資産分類)に投資するタイプの運用商品を指す。「株式が国内・ … [ 記事全文 ]

2014/05/16

俗に「無くて七癖」と言う。どんな人にも癖というものがあり、癖の無い方の人でもよく見ると七個くらいは癖を持っているものだ、という意味だ。お金に関するアドバイスを職業とする人も人間であ … [ 記事全文 ]

2014/05/02

<2013年度は過去最高の発行高> 2013年度、個人向けの社債の発行高は、過去最高水準の4兆6000億円だった。過去最高水準だったのは2011年度で(4兆6044億円)、これと並 … [ 記事全文 ]

1 3 4 5 6 7 8 9
会社名:楽天証券株式会社
(Rakuten Securities, Inc)
執筆者:山崎元
楽天証券株式会社
【ご挨拶/プロフィール】
「楽天証券経済研究所」は2005年1月、お客様への投資情報提供や投資教育活動を強化すべきとの認識のもと設立されました。ホームページへの寄稿、セミナー講師などを通じて、投資知識・情報の提供に努めるとともに、楽天証券の資産運用関係ビジネスの企画に参画いたします。