12月16日妥当レンジ 8,100円~9,300円
様子見スタンスが一段と広がる

2011/12/20

【IFIS/TIWコンセンサス225】

先週は、当レポートのコメントとは裏腹に(結果的にはやや楽観過ぎたことになりますが)、欧州連合の短期的な危機回避策が不十分であるという市場の不安心理を映す形で、ムーディーズが欧州連合の格付けについて見直す方針であることの発表(12/12)、スタンダード&プアーズ(S&P)によるベルギー国債の2段階格下げ(12/16、Aa1→Aa3)、などネガティブな材料に反応してユーロが大きく下落し、それに伴って株式市場は売り込まれた。
ユーロ(EUR/USD)は、本年1月以来の水準である1.30ユーロドルを割り込むところまで一時的に下落した。ただし、イタリアやスペインなど南欧諸国の国債利回りの上昇は限定的であり、一時期みられたような国債に対する過度な不安は回避された模様である。ドル資金の調達という短期的な側面もあるものの、ECB(欧州中央銀行)の金融緩和策によって中長期的にもユーロの下落トレンドが続く可能性も考えられる。ユーロ下落は、長期的には欧州経済の回復を支えるものと考えられるが、回復の兆候が表れるまでは欧州不安の象徴として悪材料視される可能性もあろう。

12月16日時点の「IFIS/TIWコンセンサス225」の予想EPSは、今期予想ベース(1期)、来期予想ベース(2期)は引き続き減少したものの、再来期予想ベース(3期)は20週ぶりに前週比プラスとなった。
増減幅は、それぞれ▲13.61円(1期)、▲2.08円(2期)、+0.15円(3期)であった。今期(1期)のマイナス幅が非常に大きくなっているが、これはオリンパス(7733)の決算発表を受けてアナリスト予想が下方修正された影響によるもの。オリンパスの今期予想EPS(コンセンサス)は、52.88円から▲101.20円へと154.08円の減少となった。コンセンサス225の今期予想EPS(1期)に与える影響は▲6.17円。ちなみに来期(2期)、再来期(3期)への影響はそれぞれ▲0.55円、▲0.10円であった。
前回も申し上げたとおり、長期的見通しの下方修正は終息しつつあるようだが、オリンパスの影響を除外しても今期(1期)についてはまだ慎重なスタンスが続きそうである。 今回は、日経平均の妥当レンジを8,100円~9,300円に微調整する。

19日(月)に北朝鮮の金正日総書記が死去したことが発表され、朝鮮半島の地政学的リスクが高まる可能性が示唆されている。後継体制への移行が波乱なく行われるかに注目が集まるが、その為にマーケットの様子見姿勢が一段と広がるものと考えられる。

年末を控えて動き難い展開が続く。しかしながら、現状ではマーケットが底割れするほどの悪材料は見当たらず、悲観的になる必要は無いものと考える。引き続き、新興市場の好業績・割安銘柄を仕込むタイミングと考える。

インプライド・リスク・プレミアムと無リスク証券利回り(10年国債利回り)を加えた数値を「期待リターン」と呼ぶ(「投資家の要求利回り」と言われることもある)。直近では7.68%と計算される。
(成長率にも拠るが)予想ROEが「期待リターン」を上回らない限り、PBRは1.0倍未満に留まることになる。「期待リターン」はリーマンショック直後のようなイレギュラーな状態を除けば7%を大きく下回ることは考え難い。つまり、日経平均がPBR1.0倍を上回るには、マーケットリスクの低下とROEの向上が求められる。また、日経平均の「期待リターン」の数値は個別企業を見る上でも参考となる。TIWでは中長期の投資対象企業を発掘する上で、マーケットの「期待リターン」を上回る予想ROE水準にあるかどうかを一つのベンチマークとして常に意識している。

※ 「IFIS/TIWコンセンサス225」を御読みいただき誠に有難うございます。本年はこのレポートを最終発行とさせていただきます。 明年は、投資家ならびに市場関係者の皆様にとって良い年でありますよう心より祈念しております。
どうぞ良いお年をお迎え下さい。

◇日経平均妥当水準(レンジ)

8,100円~9,300円 (前回 8,200円~9,400円)

*「IFIS/TIWコンセンサス225」(12月16日)来期予想ベースEPSをもとに算出

 

◇IFIS/TIWコンセンサス225(12月16日)

今期予想EPS 550.54 (前週 564.15円)
来期予想EPS 702.14 (前週 704.22円)
今期予想PER 15.26 (前週 15.13倍)
来期予想PER 11.97 (前週 12.12倍)
来期予想PBR 0.88 (前週0.90倍)
来期予想ROE 7.39% 前週7.44%)
来期予想
インプライド・リスク・プレミアム
6.70% (前週6.68%)

*12月16日 日経平均終値より、PER、PBR、ROE等を算出

株式会社ティー・アイ・ダヴリュ
TIWマガジン「投資の眼」   株式会社ティー・アイ・ダヴリュ
独立系証券リサーチ会社TIWのアナリスト陣が、株式市場における時事・トピックスや業界動向など、取材に基づいたファンダメンタル調査・分析を提供するともに、幅広い視野で捉えた新鮮な情報をお届けします。

コラム&レポート Pick Up