今週の注目レポート (11月4日)

2011/11/04

【F’sセレクション】
チーフ・アナリスト藤根靖晃が、直近1週間に発行された全レポートから独自の視点(ROE・財務レバレッジ・PBR水準等)で、注目3銘柄をピックアップします。

角川グループホールディングス(9477)
12/3期2Q累計(4-9月)売上高は前年同期比1.5%増の679億円(会社 予想680億円)、営業利益は同38.8%増の34億円(同40億円)となった。 ゲームソフトの発売時期の期ずれにより会社計画を下回ったが、角川 原作作品を映画・TVドラマ・TVアニメ・ゲームソフト等に展開するメディ アミックス戦略が重版の増加、返品率の低下、書店の棚確保に役立っ ている。2Qを牽引した書籍関連ではヒット商品が続いたが、更なる拡大 のため、コミックス、ライトノベルに強みを持つ株式会社メディアファクトリ ー発行済株式数の100%取得を発表(10月12日)。シナジー効果が期待出来る。 下期のTVアニメは15作品(前下期は10作品)と拡大を予定。株価は 12/3期TIW予想PER等指標面から割安感も感じられる。
ROE8.68%、PBR 0.82倍、来期予想PER 8.8倍、来期予想EPS成長率 3%。
〔10月31日、担当:岡敬、Analyst Impression 2+ → 2+ 〕

日信工業(7230)
会社計画では、タイ洪水影響を勘案しても12/3期下期に営業利益率 8.4%を見込んでいる、北米が2Q(7-9月)に久しぶりに黒字化した、 などがポジティブである。会社想定以上に洪水影響拡大のリスクは残 るが、アジア二輪の堅調さ、メカトロ製品伸長、などが支え、13/3期以 降増益基調が続くとのTIWの見方に変化はない。二輪部品比重が高く サプライヤーの中での相対的業績の安定感などを踏まえると、13/3期 TIW予想PER10.0倍、PBR1倍割れの株価には割安感があろう。 上期は、大震災に伴うホンダ(7267)の国内、北米での四輪生産減、 円高を、アジア、ブラジルの二輪向け好調によりカバーし、約5割の減益 に止めた。12/3期上期:売上高723億円(前年同期比13%減)、営業 利益34億円(同53%減)。会社計画に対し営業利益は約3億円未達と なったが、一過性の過年度損益修正7億円に因る。通期計画は売上 高を10億上方修正、営業利益は据え置く。下期は四輪生産挽回によ り大幅営業増益を想定。為替前提は1米ドル80円→76.55円とした。 また、タイ洪水による同社タイ工場への直接的被害は現状ない。洪水 がなければ下期予想は従来から大きく上向いていたと言える。従来会 社計画過達を見込んでいたTIW予想は水害を踏まえ同社計画並みに 修正。
ROE5.03%、PBR 0.88倍、来期予想PER 10.0倍、来期予想EPS成長率 65%。
〔11月1日、担当:高田悟、Analyst Impression 2+ → 2+ 〕

ディー・エヌ・エー(2432)
株式市場が楽観視していたために決算発表を受けて株価は急落した と見られるが、指標面から見て過度な反応と考える。今後本格化する 海外展開による収益拡大を睨み、株価は持ち直すと予想する。12/3 期2Q(7-9月)の業績は前四半期に比べ売上高は同水準、各利益は 減益という結果になった。SNS上で展開されるゲーム関連の売上が伸 び悩み始めており、海外からの収益寄与で補えず12/3期3Q(10-12 月)も営業減益となる見通しだ。なお、ゲーム関連売上は我々の見通し よりはやや早かったとはいえ、伸び悩むこと自体は想定通りでネガティブ・ サプライズと言うほどではない。
ROE33.74%、PBR 4.5倍、来期予想PER 10.1倍、来期予想EPS成長率 11%。
〔11月2日、担当:鈴木崇生、Analyst Impression 1 → 1 〕

TIWではコンセンサス・データ等を利用して、独自に日経平均の今期予想ベース、来期予想ベースのROE、PBR、リスクプレミアム等を算出しております。
※文中のROE、PBR、PER等の数値は、特に断りが無い限りは、レポート発行時に算出した値です。
※「アナリスト・インプレッション」に関する説明はこちらをご覧下さい。

株式会社ティー・アイ・ダヴリュ
TIWマガジン「投資の眼」   株式会社ティー・アイ・ダヴリュ
独立系証券リサーチ会社TIWのアナリスト陣が、株式市場における時事・トピックスや業界動向など、取材に基づいたファンダメンタル調査・分析を提供するともに、幅広い視野で捉えた新鮮な情報をお届けします。

コラム&レポート Pick Up