今週の注目レポート(9月2日)

2011/09/02

【F’sセレクション】
チーフ・アナリスト藤根靖晃が、直近1週間に発行された全レポートから
独自の視点(ROE・財務レバレッジ・PBR水準等)で、注目3銘柄をピック
アップします。

タカラトミー(7867)
12/3期1Q決算は、前年同期比7%増収、営業利益は同79%減と大幅 減益。海外売り上げ増加による原価率の悪化と、RC2買収に伴うのれ ん償却の発生が減益要因。1Qは国内玩具が苦戦したが、7月以降は デュエル・マスターズ、ポケモンなどが盛り上がってきており、 通期の会社予想営業利益(117億円)は達成可能と考える。RC2買収 による製品ラインナップの拡充や海外販売網の活用が中期的に寄与 すると期待する。指標面では割安感が強い。
ROE 11.9%、PBR 1.26倍、来期予想PER 8.2倍、来期予想EPS成長率 11%。
〔8月29日、担当:岡敬、Analyst Impression 2+ → 2+ 〕

クラレ(3405)
12/3期1Q決算は、前年同期比3%増収、営業利益は同26%増。 大震災で鹿島工場が被災したものの、主力のPVAフィルムの好調が牽引 した。13/3期以降には新製品「クラリティ」(アクリル系熱可塑性エラ ストマー)や米国でのポバール設備投資の寄与が期待され、営業利益 最高益更新が続くと見込まれる。
ROE 9.55%、PBR 1.06倍、来期予想PER 9.9倍、来期予想EPS成長率 9%。
〔8月30日、担当:高橋俊郎、Analyst Impression 2+ → 2+ 〕

サンデン(6444)
12/3期1Q決算は、前年同期比で売上高横ばい、営業利益は同91% 減となった。円高、原材料価格上昇、投資増によるコストアップ、震災 の影響から大幅減益となった。大幅減益であるが、1Q決算は会社側 の想定範囲であり、2Q以降は日系自動車向け販売の回復が見込ま れる。しかしながら、TIW予想業績は、世界景気後退観測の高まりから 欧州自動車向けを下方に見直すことで下方修正し、12/3通期の営業 利益は会社計画並み(60億円)とする。外購費の見直しなど根本的な 調達構造の見直しにより収益拡大余地があり、株価には割安感が強い。
ROE 12.71%、PBR 0.93倍、来期予想PER 3.3倍、来期予想EPS成長率 92%。
〔8月30日、担当:高田悟、Analyst Impression 1 → 2+ 〕

TIWではコンセンサス・データ等を利用して、独自に日経平均の今期
予想ベース、来期予想ベースのROE、PBR、リスクプレミアム等を算出
しております。
※文中のROE、PBR、PER等の数値は、特に断りが無い限りは、レポート発行時に算出した値です。
※「アナリスト・インプレッション」に関する説明はこちらをご覧下さい。

株式会社ティー・アイ・ダヴリュ
TIWマガジン「投資の眼」   株式会社ティー・アイ・ダヴリュ
独立系証券リサーチ会社TIWのアナリスト陣が、株式市場における時事・トピックスや業界動向など、取材に基づいたファンダメンタル調査・分析を提供するともに、幅広い視野で捉えた新鮮な情報をお届けします。

コラム&レポート Pick Up