今週の注目レポート (9月28日)

2012/09/28

【F’sセレクション】
チーフ・アナリスト藤根靖晃が、直近1週間に発行された全レポートから独自の視点(ROE・財務レバレッジ・PBR水準等)で、注目銘柄を3銘柄ピックアップします。

JCU (4975)
9月21日、同社は10月1日に荏原ユージライトの商号を通称であるJCUへ変更することに伴い、1株あたり10円の記念配当を実施する計画を発表した。期末配当を35円→45円として通期80円とする。13/3期1Q(4-6月) 決算時には通期配当予想60円→70円に増配発表しており今期2度目である。同社は配当性向30%程度を確保したい意向のようだ。
ROE 14.94%、PBR 1.35倍、来期予想PER 7.1倍、来期予想EPS成長率19%
〔9月24日、担当:高橋 俊郎、Analyst Impression 1→1〕

日本電産 (6594)
9月20日、米国の産業・商業用モータ会社2社の買収を発表。HDD市場の弱含みの推移などを受けて株価は軟調な展開となっているが、TIWでは売られ過ぎの水準と考える。今回の買収で産業・商業用モータ分野で空いていた部分を埋め、同分野での競争力を強化できることはポジティブに評価できよう。総合モータメーカーに向け戦略的M&Aによる中期成長シナリオが前進している点などを踏まえると、依然株価の上昇余地は大きいと考える。
ROE 14.58%、PBR 2.27倍、来期予想PER 10.8倍、来期予想EPS成長率20%
〔9月24日、担当:服部 隆生、Analyst Impression 1→1〕

ハーモニック・ドライブ・システムズ (6324)
今秋からは、iPhone以外のスマートフォン・タブレットの来年モデルに向けた投資が期待できよう。スマートフォン・タブレット向けをはじめとした産業用ロボット向けが牽引する形で、年度後半に向けて業績改善期待が持てる状況には変わりがない。新型スマートフォン・タブレットへの期待が高まれば、同社の株価パフォーマンスは市場平均を超える機会があると、 TIWでは予想している。
ROE 10.77%、PBR 2.03倍、来期予想PER 16.6倍、来期予想EPS成長率8%
〔9月25日、担当:糸井 正和、Analyst Impression 2+→2+〕

TIWではコンセンサス・データ等を利用して、独自に日経平均の今期 予想ベース、来期予想ベースのROE、PBR、リスクプレミアム等を算出 しております。

こうして算出したマーケット参考値と個別企業の株価指標を比較し、 さらにアナリストの予想を加味して選択をしています。 ※文中のROE、PBR、PER等の数値は、特に断りが無い限りは、 レポート発行時に算出した値です。
※「アナリスト・インプレッション」に関する説明はこちらをご覧下さい。


株式会社ティー・アイ・ダヴリュ
TIWマガジン「投資の眼」   株式会社ティー・アイ・ダヴリュ
独立系証券リサーチ会社TIWのアナリスト陣が、株式市場における時事・トピックスや業界動向など、取材に基づいたファンダメンタル調査・分析を提供するともに、幅広い視野で捉えた新鮮な情報をお届けします。

コラム&レポート Pick Up