「年末年始の旅行」は過去最高へ(日本)

2015/12/15

<今日のキーワード> 「年末年始の旅行」は過去最高へ(日本)

大手旅行会社では、毎年アンケート調査に基づいて、年末年始の旅行動向について発表しています。その時々の景気動向が反映され、消費や景気を読み解く判断材料にもなります。なかでもJTBの調査は、航空会社の予約状況、JTBの販売動向なども加えた推計で、今年で47回の歴史を有します。

【ポイント1】国内の増加が海外の減少を補う

海外旅行人数は、円安、日並びや海外情勢の悪化から減少へ
■大手旅行会社JTBが発表した調査では、12月23日から1月3日までの間に出発する旅行者の数は、前年比0.2%増の3,058.8万人と過去最高になる見込みです。国内旅行者が0.3%増の2,996.0万人となる一方、海外旅行者は▲4.3%減の62.8万人を見込んでいます。

■海外旅行者の減少は、円安傾向であること、正月三が日が週末と重なることに加え、国際情勢への不安が高まっていることなどがあげられます。行き先別では香港、シンガポール、台湾の人気が高まり、逆に欧州、韓国の落ち込みが目立ちます。

【ポイント2】今年の旅行はプチ贅沢に

昨年の節約ムードから一転
■今年の国内旅行の特徴は、昨年に比べ旅行日数の1泊や2泊の割合が低下し、3泊4日の割合が16.4%と前年比3.1ポイント増加しています。

■宿泊場所についても「旅館・ホテル」などの利用が44.9%と6.8ポイント上昇しました。低下したのは「実家や知人・友人の家」です。昨年と比べちょっと贅沢な選択を消費者が行っていることがうかがえます。利用交通機関は、ガソリン安を背景に「乗用車」が全体の69.0%と1.6ポイント上昇しています。

 151215MK

【今後の展開】国内旅行者の増加は景気の下支え要因に

国内旅行消費は前年比2桁増が続く
11月に観光庁が発表した旅行・観光消費動向調査によれば、7-9月期の日本人による国内旅行消費額は6.5兆円で、前年同期比で14.8%増と、4-6月期に続き2桁増となっています。年末年始についても旅館やホテルの利用が昨年より大幅に増える見込みで、景気の下支え要因となることが期待されます。

訪日旅行客増で国内旅行見直し
今回の調査とは別にJTBが3月に実施したアンケートによれば、国内旅行についての考え方の変化として、「泊まってみたいと思える宿泊施設が増えた」、「乗ってみたいと思える観光列車や新幹線が増えた」などに加え、「訪日旅行者の増加がきっかけで日本の良さを再認識した」との答えが注目されます。

(2015年12月15日)

印刷用PDFはこちら

今日のキーワード 「年末年始の旅行」は過去最高へ(日本)

関連マーケットレポート

2015年11月27日 原油価格の動向 本格的な価格上昇には時間を要する

2015年11月24日 「外国人旅行者」増加、世界的ブーム?(日本)

三井住友アセットマネジメント株式会社
SMAM マーケット・レポート   三井住友アセットマネジメント株式会社
世界の経済やマーケットの動向、関連する旬なキーワードを運用のプロがわかりやすく説明します。また、“教えて!Q&A”では、投資に関する様々な疑問をタイムリーに取り上げ、解説します。
■当資料は、情報提供を目的として、三井住友アセットマネジメントが作成したものです。特定の投資信託、生命保険、株式、債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。
■当資料に基づいて取られた投資行動の結果については、当社は責任を負いません。
■当資料の内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
■当資料に市場環境等についてのデータ・分析等が含まれる場合、それらは過去の実績及び将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。
■当資料は当社が信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
■当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。
■当資料に掲載されている写真がある場合、写真はイメージであり、本文とは関係ない場合があります。

三井住友アセットマネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第399号
加入協会:一般社団法人投資信託協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会