TPP交渉が大筋合意へ~自国の議会承認が課題、2次参加にも期待~

2015/10/14

TPP交渉が大筋合意へ~自国の議会承認が課題、2次参加にも期待~

【ポイント1】大筋合意に至る

見えてきた巨大経済圏への筋道
■2015年10月5日、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉が大筋合意に至りました。難航していた医薬品のデータ保護期間を実質8年とすることで米国と豪州が折り合ったことが大きいとされています。

■中身を見ると、工業製品の関税撤廃のスピードの速さが目立ちました。一方、コメ等農産物では輸入枠の拡大や漸進的な関税率の引き下げが決定しました。日本の農業政策のあり方が問われそうです。

20151014jp-1

【ポイント2】発展の追い風として期待

国内に反対勢力も
■TPPは競争環境の枠組みのため、経済効果を測定することは難しいですが、巨大な経済圏の誕生はそこに集う国・地域の持続的発展の追い風になると期待されます。

■今回の大筋合意をメキシコやベトナムは歓迎していますが、米国では、米大統領候補のヒラリー・クリントン前国務長官が反対を表明しています。カナダは10月19日の総選挙を控え、与党が苦戦を強いられる可能性も指摘されています。

20151014jp-2

【今後の展開】自国内の議会承認が最大の課題、2次参加にも期待

■今後は、2年以内に議会承認を得るなど各国内の手続きを終了させる必要があり、発効にはまだ時間が必要です。

■一方、2次参加を表明しているタイ、フィリピン、台湾、韓国の参加の可能性にも期待が集まります。

■賃金や生産コストを比較すると、交渉国のベトナム以外でも中国を下回る国が多く、参加するメリットは大きいと思われます。韓国、台湾は非常に低い関税でアジア圏のサプライチェーンを再構築できれば貿易の促進が可能となり、参加を急ぐと期待されます。

 (2015年10月14日) 

印刷用PDFはこちら→

今日のマーケット・デイリー TPP交渉が大筋合意へ 自国の議会承認が課題、2次参加にも期待

関連マーケットレポート

2015年10月 7日 IMFの世界経済見通し(2015年10月)

2015年 9月28日 最近の指標から見る中国経済(2015年9月)

三井住友アセットマネジメント株式会社
SMAM マーケット・レポート   三井住友アセットマネジメント株式会社
世界の経済やマーケットの動向、関連する旬なキーワードを運用のプロがわかりやすく説明します。また、“教えて!Q&A”では、投資に関する様々な疑問をタイムリーに取り上げ、解説します。
■当資料は、情報提供を目的として、三井住友アセットマネジメントが作成したものです。特定の投資信託、生命保険、株式、債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。
■当資料に基づいて取られた投資行動の結果については、当社は責任を負いません。
■当資料の内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
■当資料に市場環境等についてのデータ・分析等が含まれる場合、それらは過去の実績及び将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。
■当資料は当社が信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
■当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。
■当資料に掲載されている写真がある場合、写真はイメージであり、本文とは関係ない場合があります。

三井住友アセットマネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第399号
加入協会:一般社団法人投資信託協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会