今年のFOMCメンバーと利上げ見通し

2018/01/19

▣ FOMCメンバーが大きく入れ替わる

2018 年1 月の米連邦公開市場委員会(FOMC、1/30-31)から、投票権を持つメンバーが4 名入れ替わるとともに、イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長が2月3日に任期満了となり、FRB理事のパウエル氏が新議長に就任します。また、グッドフレンド氏が理事に指名され、議会の承認待ちの状態、昨年辞任したフィッシャー副議長の後任も近々指名されるとみられます。イエレン議長に近いダドリー・ニューヨーク連銀総裁も、今年半ばに退任する予定です。今年のFOMCは昨年と比べ大きくメンバーが入れ替わることになります。

▣ ややタカ派に

FOMCは、FRBが開催し金融政策を決定する委員会。投票権を持つFOMCメンバーは、常任がFRBの執行部(理事)7 名(現在は4名欠員で3 名、1名承認待ち)とニューヨーク連銀総裁、残り4枠がニューヨーク連銀を除く11 地区の連銀総裁の輪番制となります。他の連銀総裁はFOMCには参加できますが、投票権はありません。

輪番制の4名については、昨年は12月のFOMCで利上げに反対したハト派(利上げに慎重)のエバンス・シカゴ連銀総裁、カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁を含み、残り2名はハト派とタカ派(利上げに前向き)との間の中道派で構成されていました。

今年は輪番制の4名については、ハト派はいなくなり、中道派もしくはタカ派で構成されるとみられます(図表1)。バーキン・リッチモンド連銀総裁については1月に就任したばかりで、金融政策のスタンスはまだ分かっていませんが、リッチモンド連銀はタカ派色が強い傾向があります。

▣ タカ派のメンバーでも今年の利上げ回数(中央値)は3回。ただ4回のハードルは低くなる可能性

昨年12月のFOMCメンバーの政策金利見通しと最近の発言から、今年の利上げ回数を推察すると、投票権を持つメンバーの平均回数は2.9~3回となり、昨年の2.1~2.3回より大きく引き上がります。もっとも、中央値は3回でメンバーが入れ替わっても変わらずとなります。ただ、経済指標次第ですが、3回より増える可能性にも注意が必要です。

利上げについては3月、6月の利上げを市場は織り込みに行っている状況。その後は年内に利上げが1回あるかないか。昨年は、3月、6月、12月に利上げしました。9月は、利上げは見送りましたが、バランスシート(米国債などの保有資産)の縮小を決定しており、何もしなかったわけではありません。消費者物価や雇用統計などの経済指標次第では、4回の可能性も出てきそうです。

3月のFOMC(20-21日)での利上げはほぼ織り込み済み。目先は、副議長人選、2月のパウエル新議長の議会証言などが注目されます。

図表入りのレポートはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=9&type=env

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「投資環境」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
内外の投資環境分析を基に、投資に資する情報、見通しなどを、タイムリーにお伝えします。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会