為替離れ

2017/11/24

▣ 米インフレ低迷で、米長期金利、ドル円は一進一退

米連邦準備制度理事会(FRB)は11月22日に10月31日-11月1日の連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨を公表しました。多くのメンバーが近い将来の利上げが正当化される可能性があるとの見方を示した一方、物価の弱含みが長引いていることを不安視するメンバーもいた模様です。

米国は利上げ局面にはあるものの、物価が低迷するとともに、期待インフレ率も横ばいでの推移が続いており、米長期金利も2%前半での一進一退の動きになっています(図表1)。

ドル円についても、日米の金融政策の方向性の違いから、ドル高・円安地合いが見込まれますが、米長期金利がなかなか上がらない状況では、ドル円の上値も重そうです(図表2)。

▣ ドル円を横目に国内株はしっかり

上値の重いドル円を横目に、株式市場は堅調な地合いが続いています。

足元でも、ドル円が11月22日の112円台前半から24日には111円台半ばまで下落したにもかかわらず、国内株は上昇するなど、国内株の強さが目を引きます。2000年代半ばから、ドル円の動きに左右されてきた国内株ですが、2017年は国内株の為替離れの年となっているようです(図表3)。国内企業の業績期待が広がる中、先高観や堅調な米国株にけん引されている格好です。

ただ、円ベースに直したNYダウと比べると、9月中旬以降の日経平均株価の上昇はやや行き過ぎとの見方もでき、もう一段、調整する余地はありそうです(図表4)。

もっとも、国内企業の今年度の予想為替レート(ドル円)は、110円前後(図表5)。為替離れとはいえ、想定為替レートが低いことから、業績上振れ期待が株式市場を下支えしそうです。

図表入りのレポートはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=9&type=env

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「投資環境」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
内外の投資環境分析を基に、投資に資する情報、見通しなどを、タイムリーにお伝えします。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

コラム&レポート Pick Up