ECBへの過度な期待は剥落

2015/12/07

1.市場は追加緩和に失望

欧州中央銀行(ECB)は12月3日の理事会で、中銀預金金利を引き下げるとともに、量的緩和(資産買い入れプログラム)を6か月延長する追加緩和を決めました(図表1)。緩和措置は市場の期待を下回り、大胆な追加緩和(量的緩和の規模拡大、1年間延長、0.2%の利下げ等)を期待して動いてきた金融市場に失望感が広がりました。

今回の追加措置は以下の通りです。

  • 政策金利の下限である中銀預金金利はマイナス2%からマイナス0.3%に引き下げ(主要政策金利のリファイナンス金利は0.05%、上限金利の限界貸出金利は0.3%に据え置き)
  • 資産買入れの期限を2016年9月から2017年3月まで延長(月600億ユーロの資産購入規模は据え置き)
  • ユーロ建ての域内地方債を買入対象に追加
  • 満期を迎えた資産の元本は再投資する

今回の追加緩和措置への失望から、ドイツのDAX指数は3.58%下落、長期金利は20bp(1bp=0.01%)上昇、ユーロも対ドルで3%を超える上昇となりました。ユーロ円も、1ユーロ=130円台から134円付近まで一気に上昇しました(図表2、3)。

図

 

2.落ち着き待ち

同日公表されたECBスタッフのユーロ圏経済予測では、インフレ率見通しを若干引き下げ、2016年の予想は従来見通しの1.1%から1%に、17年は1.7%から1.6%に下方修正しました。成長率予想については16年が変わらずの1.7%、17年は1.8%から1.9%に引き上げました。

欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのワイトマン独連銀総裁は同日、スタッフ予測で新たな懸念が示されなかったことから、追加緩和は必要なかったと述べ、ECBの今回の決定を批判しました。ECB内部からも追加緩和に批判的な意見が出ていることから、今後のECBの金融政策については、小出しの追加緩和にとどまる可能性が高くなりました。金融市場に大きな影響を与える追加措置も期待薄と言えそうです。

これまで金融市場は、大胆なECBによる刺激策が続くことを前提に、

  • 1ユーロ=1ドルのパリティ(等価)までユーロが下落する
  • 緩和マネーが一段と株価などを押し上げる
  • 欧州債の利回りが一段と低下し、利上げ観測で上昇圧力が強まる米長期金利の上昇を抑制する

などの観測が出ていましたが、これらの見方にはやや修正が必要となりそうです。

もっとも、現行のマイナス金利政策、大規模な資産購入は少なくとも2017年3月までは続きます。また、追加緩和の手立ても残ります。欧州債の下落(利回り上昇、図表4)や欧州株の下落は、買い場を提供してくれるとも考えられます。ECBへの過度な期待が剥落し、市場が落ち着きを取り戻すのを待って、欧州債投資などを検討したいところです。

表

(補足)

  • 主要政策金利(リファイナンス金利):MRO(Main Refinancing Operations)と呼ばれる1週間物の流動性供給を受ける際に金融機関がECBに支払う金利
  • 中銀預金金利(預金ファシリティ金利):金融機関がECBに余剰資金を預け入れた際に支払われる金利
  • 限界貸出金利(限界貸付ファシリティ金利):金融機関が市場から資金を調達できない場合にECB(各国中央銀行)が貸付を行う際の金利

 

印刷用PDFはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=9&type=env

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「投資環境」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
内外の投資環境分析を基に、投資に資する情報、見通しなどを、タイムリーにお伝えします。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会