2018年の展望-真のリスクは何か?

2018/01/10

株高の理由を再整理  

年明けの金融市場は明るいムードに包まれました。特に株価は、昨年の勢いが続いています(図表1)。

これには相応の理由があります。何より、当面の世界経済は適度な成長を維持するでしょう。米国は利上げを進めていますが、それでも好景気は妨げられていません。新興国から米国への資金流出も、特段起こっていません。米国などではさらなる金融引締めが行われる見込みですが、あくまで慎重に進められるでしょう。もし経済に変調が生じたとしても、今や米国では、逆に利下げという手段が使えます。

昨年の教訓 

これに対し政治や軍事面においては、不透明な要素が少なくありません。といっても、これらに伴うリスクは、経済活動を直撃するとは限りません。そのため、それらを理由に金融市場が一旦動揺しても、多くの場合、一時的なものにとどまります。これこそが、昨年の経験によって得られた重要な教訓です。

昨年も政治面の悪材料には事欠きませんでした。米トランプ政権の迷走、各国の偏狭な国粋主義、中東や北朝鮮の紛争懸念、などです。しかしどれも、市場の楽観を大きく変えるには至らなかったのです。

北朝鮮をめぐる進展と嬉しい事実

朝鮮については、南北間の対話が始まりました。核放棄につながる可能性は低いとはいえ、まずは歓迎すべき進展です。戦争の多くは、意思疎通の失敗や、国民一丸の興奮(一番陥りやすいのは日本です)から起こります。そうした意図せぬ事態を避けるには、対話を通じて正気を取り戻さねばなりません。

北朝鮮問題に関し、米国で確認された嬉しい事実があります。米国において、大半の人はこの問題を冷静に受け止めているということです。少なくとも、本当の「国難」だと大騒ぎしている人は、ほとんどいません。よって、米国がいきなり武力行使に踏み切る可能性は、極めて低いと確信できるのです。

今年の二大リスク-中国経済と米国政治 

このように、切迫したリスクはたしかに見当たらないようです。しかし今年の後半には、今よりは市場の変動性が高まるでしょう。そのため日本株も、今年半ばには一旦ピークを打つ可能性があります。

経済の焦点は中国の動向です。新興国から脱していくにつれ、その成長ペースが鈍化していくのは自然かつ健全です。ただ、市場は中国の動きに過剰反応するだけに、要注意です。政治では、米国の中間選挙(11月)が今年最大のイベントです。米議会は現在、上下両院をトランプ大統領の属する共和党が多数派です。しかし中間選挙は政権の信任投票と言えることから、共和党の苦戦は必至とみられます(図表2)。同党は大企業・投資家寄りと思われているため、その大敗は、市場の不安材料となるでしょう。

長期的な問題-欧州と日本について 

欧州や日本では、内部の対立や矛盾が浮き彫りになるはずです。欧州では、統合深化という方向は変わりません。ただし、それに反発するナショナリズムが先鋭化する恐れは残存します。日本に関しては、二大国間の狭間(軍事では米国、経済では中国に依存)で、自律的な国際的地位を築けずにいます。実際、北朝鮮問題では存在感を示せず、また、中国主導の経済圏「一帯一路」には大きく出遅れました。

それらは景気や株価の急落要因にはならないかもしれません。しかし株高で有頂天になるあまり、そうした根本問題から逃避する(この5年間の日本のように)、という愚行は繰り返したくないものです。

図表入りのレポートはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会