なぜ米国は衰退するのか?

2017/07/13

異様なG20サミット

先週末、ドイツのハンブルクにおいて20か国・地域首脳会議(G20 サミット)が開かれました。

2008年に始まったG20サミットの歴史で、今回ほど異様な会議はかつてありませんでした。孤立する米国と他の19か国・地域がいかに折り合いをつけるか、それが今回最大の関心事だったからです。

第2次大戦後、覇権国として君臨したのは誰が見ても米国です。経済や軍事面に加え、人権や民主主義といった価値観や国際化の推進でも、世界をリードしたのです。しかし現在、トランプ大統領のもとで国際協調に背を向け始め、その暴走が他国から心配される、問題児のような扱いを受けているのです。

G19 vs. 米国

今回のG20サミットでは、具体的には、とりわけ気候変動や自由貿易といった論点が注目されました。

気候変動の問題については、米国だけがパリ協定(気候変動を抑制するための国際合意)から離脱する意向です。米国との亀裂は今回も修復されなかったので、G20というより「G19プラス1(米国)」、などと揶揄される始末です。貿易問題でも、「米国第一」政策と自由貿易との整合性確保に苦心しました。

ローマの歴史に学ぶ

要するに米国は、以前の圧倒的な存在感が薄れるに伴い、余裕を失いつつあるのでしょう。

米国の繁栄と衰退は、ローマ帝国の興亡を連想させます。この驚くべき古代帝国が滅びた背景としては、長年の繁栄による奢りで規律が緩んだこと、階層分断が深まったこと、ゲルマン人など周辺民族の力が増したこと、などが挙げられます。それらは、現在の米国にも当てはまります。最後の点は、日本やドイツの戦後復興、そして特に、今世紀に加速した中国など新興国の台頭が相当します。

東西の連携を

より大きく言えば、いま我々が立っているのは、西洋支配の終焉という歴史の転換点だと思われます。

それらへの危機感は、G20 サミットの前日、トランプ氏がポーランドで行った演説でも示されました。「今の根本問題は、生き残る意志が西洋にあるかどうかだ」と述べた上、西洋文明を敵から守ろうと呼びかけたのです。直接にはテロとの戦いに言及したものですが、古い西洋中心思想がにじみ出ています。

この思想が「西洋vs.東洋」といった文明対立の構図へ発展することは、極力回避すべきです。その意味で先週、日本と欧州連合(EU)の経済連携協定が大枠合意に至ったのは、相応の評価に値します。

覇権の移行期に起こること

いずれにせよ米国の衰退は進むでしょう。しかしそれは、世界経済や国際秩序の崩壊を意味しません。

金融市場は、今後も米国を軸に回るでしょう。覇権国は、衰退過程でも金融ではしばらく優位を保つ傾向があるからです。前覇権国の英国も、金融部門は依然、大きな影響力を行使しています。

問題は新旧覇権国の対決ですが、次の覇権国候補である中国は、米国に直接対決を挑む意図はなさそうです。今回のG20 サミットでも、中国はどちらかというと脇役を演じました。また、そもそも核兵器時代に、超大国間の戦争は起こりにくいはずです。よって米国の衰退は、緩慢な自滅の形をとるでしょう。ローマも、衰退が始まってから西ローマ帝国滅亡(西暦476年)まで、200年以上を要したのです。

 

印刷用PDFはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

コラム&レポート Pick Up