ユーロ圏の大きな前進

2017/06/15

フランスを再評価

改革への期待で、フランスが盛り上がってきました。世界は、これをもっと歓迎してよいでしょう。

先月にはエマニュエル・マクロン氏という、若さあふれる大統領が就任しました。さらに今月11日の議会選(第1回投票)では、同氏の「共和国前進」が驚くべき強さを見せました。決着は18日の決選投票を待たねばなりませんが、この新党が議席の過半数を制するのは、間違いなさそうです。

こうした劇的な展開は、わずか1年ほど前には全く予想できませんでした。フランスの活力を再評価せざるを得ません。国内景気の停滞や既存政治の腐敗に嫌気が差した、有権者の力強い反乱と言えます。

気がかりな点もあるが

ただし、国民が一致団結しているわけではありません。11日の投票率は50%弱でした。フランスにはシニカルな人も多く、そうした人が政治の新潮流から距離を置こうとするのは、無理もありません。

また、「共和国前進」の候補者のうち約半分は政治経験がなく、手腕は未知数です。それでもこの新党が議会選で圧勝しそうなのは、国民の切実な改革期待に加え、マクロン氏個人の魅力にも負っています。

しかし、マクロン政権が優先する課題は、国内の労働市場改革です。解雇規制の緩和などにより、雇用の流動化を促すものです。硬直した雇用慣行を打破し、若年層が活躍する場を広げるには、必要な改革なのでしょうか。企業寄りの改革なので、金融市場も好感するでしょう。とはいえ、それを強引に進めれば、労働組合や一部メディアなどが反発します。そうなれば、マクロン人気は急落しかねません。

欧州統合への前進

それらにもかかわらず、フランス、そしてユーロ圏の大きな「前進」を、過小評価すべきではありません。ユーロ圏の株価や通貨は今年に入り堅調ですが、さらに上昇しても違和感はありません。

すなわち、欧州最大のリスクは、経済の停滞や移民の増加などを背景に、偏狭なナショナリズム勢力が主導権を握ることでした。そしてユーロ圏からの脱退国が相次ぎ、この通貨圏が分裂することでした。

しかし、あれだけ騒がれた欧州極右は、急失速しています。フランス議会選では、極右「国民戦線」の議席数が一桁にとどまりそうです。一方のマクロン氏は、ユーロ圏の共通予算などを主張する、欧州統合派です。フランスが数年以内に欧州連合(EU)やユーロ圏を脱退する可能性は、ほぼ消えました。

世界経済の未来は暗くない

もちろん欧州統合の成否は、フランスとドイツが結束できるか否かにかかっています。そのドイツはこれまで、ユーロ圏の共通予算などには後ろ向きでした(ドイツの財政負担が増えると考えられるため)。

ただ、ドイツのメルケル首相は最近、欧州統合に関し、より前向きになっています。米国の暴走や英国の迷走、中国の躍進を目にし、欧州大陸の団結が急務と認識したのでしょう。そしてメルケル氏は、9月の総選挙を経て、首相職続投となりそうです。マクロン氏とメルケル氏がユーロ圏の二大国を代表しているのは、本当に心強いことです。両氏は、自由で開かれた民主主義の強力な擁護者であるからです。

日米だけを見ていると、輝ける未来を描くのは困難を伴います。しかしアジアの発展に加え、ユーロ圏の前進という良いニュースもあるのです。よって今後の世界経済を、悲観し過ぎる必要はありません。

 

印刷用PDFはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

コラム&レポート Pick Up