現代版シルクロードの問題と魅力

2017/05/17

中国の世紀?

今世紀は、「中国の世紀」となるのでしょうか。偏見は捨てて、この問いに向き合うことが必要です。

先日、中国主導の「一帯一路」に関し、初の国際会議が北京で開かれました。アジアと欧州などを陸と海の交通網などで結び、貿易や投資を活性化しようという巨大経済圏構想です。会議には29か国の首脳級、130か国以上の代表のほか、国連事務総長なども参加し、高い関心が示されました。

一帯一路は、古代中国と西洋をつないだ交易路の名を借り、「現代版シルクロード」とも称されます。その壮大な構想からは、中国がかつて誇った栄華を取り戻そうという、希望と野心が見てとれます。

基本的な構想と目的は適切

しかし一路一帯は、紆余曲折をたどるでしょう。域内の多くは僻地なので、採算に乗る投資案件がどれだけあるか、との問題もあります。また、中国の覇権を警戒する国も少なくありません(インドなど)。

それでもシルクロードと聞けば、歴史ロマンをかき立てられます。スケールの大きさにおいても、この構想を超えるものは表れないでしょう(宇宙へ広げれば別ですが)。また、グローバル化に沿っており、完全に否定するのは困難です。相互交流による「繁栄と平和」という目的も、それ自体は適切です。

繁栄と平和への新たな道になるのか

ただ、中国に主導される世界で、本当に人権や民主主義が守られるのか、という懸念はもっともです。

しかし、価値観を押しつけ過ぎる面もあった欧米主導の世界では、平和が訪れませんでした。他方、一帯一路は、イデオロギー(政治思想)を問わず幅広い国が協力しよう、との考え方です。たしかに、それを通じて交易関係が深まれば、繁栄と平和が得られるかもしれません。その結果、人権や民主主義が広がる可能性もあるでしょう。そういった順序が成り立つのか、試すべきときが来たのでしょうか。

トランプ大統領が中国の拡大を後押し

米国は、トランプ大統領のもとで、そのような「中国方式」の拡大を期せずして後押ししています。

人権など中国の嫌う点を出さず、主に商売の見地から判断するトランプ氏は、明らかに中国と相性が合うのです。実際、4月の首脳会談で友好関係が示された後も、同氏は習主席をさかんに褒めています。

先週には、中国が米国産牛肉の輸入などを促すプランが合意されました。同時に米国は、一帯一路を高く評価する方針に転じました。オバマ前政権に比べ、現政権は中国覇権への警戒心が薄いようです。

歴史の必然なのか

米国が中国に対し友好姿勢へ変化している理由の一つとして、北朝鮮問題を挙げてもよいでしょう。

北朝鮮問題(米国に届く弾道ミサイルの開発など)に関し、多数の米国人が望んでいるのは、中国を通じた解決です。経済制裁にしても、北朝鮮の貿易のうち8割以上は対中国なので、中国の協力が欠かせません。北朝鮮を口実に米中関係や日中関係が改善するとすれば、結果的には良いことです。

トランプ大統領誕生にせよ北朝鮮問題にせよ、最近の事象は、なぜか中国の追い風となります。「中国の世紀」は必然なのでしょうか。少なくとも日本政府は、その認識へ傾いているように見えます。一帯一路やアジアインフラ投資銀行(AIIB)への協力・参加に意欲を見せているのは、その表れでしょう。

 

印刷用PDFはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

コラム&レポート Pick Up