フランス大統領選挙の争点

2017/04/26

第1回投票の結果と決選投票の見通し

フランスの大統領選挙は、金融市場やリベラルな民主派を、一息つかせる展開となっています。

23日の第1回投票で、中道・無党派のエマニュエル・マクロン氏が第1位となったのです。同氏、並びに第2位の極右、マリーヌ・ルペン氏が5月7日の決選投票に進み、国民の判断を仰ぎます。

決選では、マクロン氏が優位でしょう。ルペン氏は反欧州連合(EU)、反グローバル化、移民排斥などを掲げているため、過激さを嫌う人々が、消去法的にマクロン氏へ票を投じると考えられるからです。

流れは変わるか?

第1回投票の結果は、昨年から続く欧米政治の不穏な流れを押しとどめた、と評価できるでしょう。

昨年、ブレグジット(英国のEU離脱)という選択、そして米国のトランプ旋風は、欧米の不確実性を劇的に高めました。いずれも大半の予想に反したからです。他方、今回の結果は予想の範囲内でした。予見可能性の復活、と言ってよいでしょう。これは、企業の経済活動や金融市場にとって、好材料です。

より重要なこととして、世界的な極右台頭と他国排斥の流れが、ようやく阻まれるかもしれません。

マクロン氏の「希望」

流れに立ち向かい、あえて親EUや移民への寛容さを示しているのが、マクロン氏です。労働規制の緩和など企業寄りの政策も訴えているので、ポピュリズム(大衆迎合主義)とも一線を画しています。

また、マクロン氏は、中道派である旨をアピールしています。右か左か、という単純化は社会の分断をもたらすからでしょう。さらに、熱のこもった演説では、未来志向の「希望」を前面に出しています。

それらは、米国のあの人物を彷彿とさせます。すなわちマクロン氏は、オバマ氏の影響を受けているのでしょう。実際、両氏は先週の電話会談で、プログレッシブ(革新的)な諸価値を確認し合いました。

ルペン陣営の顔ぶれ

一方、ルペン氏と相性が良いのは、ロシアのプーチン大統領、および米国のトランプ大統領などです。

特にプーチン氏とは3月に友好的な会談を行うなど、ルペン氏の親ロシア姿勢は鮮明です。そして、「ロシア封じ込め」の狙いが残る北大西洋条約機構(NATO)からのフランス脱退を主張しています。そのため、もしもルペン氏が大統領になったら、経済と軍事の両面で、欧州の秩序が動揺するでしょう。

なお、トランプ氏は最近、NATO支持に転じました。これに対しルペン氏は、「自分は考えを変えない」と言っています。信念がある分、他国の首脳にとっては、ルペン氏の方が手ごわい相手でしょう。

決選投票で問われるもの

フランスでは、若年層を中心に失業率は高いままです。世界への影響力も、かつてほどではありません。そうした苦境の中で、国民の多くは、次の大統領が政治を立て直すのを待ち望んでいます。

問われているのは結局、「フランスらしさ」とは何か、です。マクロン氏は、開放性や多様性こそフランスらしさ、との思想に立ちます。一方ルペン氏は、閉鎖性こそがフランス文明を保護する、と考えます。よって決選投票でマクロン氏が勝てば、「親EU派の反EU派に対する勝利」にとどまりません。それは、国柄を大切にしつつも偏狭な国粋主義は拒否する、日本を含む世界の中道派を鼓舞するでしょう。

 

印刷用PDFはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

コラム&レポート Pick Up