激動の2016年から、安定が試される2017年へ

2016/12/21

2016年の回顧と教訓

2016年は重要な出来事がいくつも起こり、金融市場はしばしば動揺しました。それでも、米国株は上昇し、日本株は年初の水準を回復しています。世界経済も、緩やかに拡大し続けています。

2017年を展望するにあたっては、今年の経験から得られた次の三つの教訓が手がかりになるでしょう。

第一の教訓-市場の幻想

2016年の年明けは、中国など新興国の景気減速、並びに原油安が二大リスクと言われたものです。

しかし、いずれの懸念も、ほとんど幻想にすぎなかったようです。中国景気は今、むしろ安定感を示し、中国崩壊論は、さすがに飽きられつつあります。原油安についても、世界を危機的な状況へ陥れるようなものにはなりませんでした。それどころか、原油安はインフレを抑え、世界中の家計を助けました。

年後半は、米国の大統領選をめぐりトランプ・リスクが警戒されました。ところが大方の予想に反しトランプ氏が勝つと、金融市場は手のひらを返し、同氏の政策を都合よく解釈するのが流行となりました。

すなわち第一の教訓は、市場はいつも幻想に振り回され、そのムードは移ろいやすいということです。

第二の教訓-金融政策の限界

2016年に確認された第二の教訓は、金融緩和策(低金利など)には頼れない、ということです。理論と現実を重んじる人には何年も前から当然のことでしたが、ようやく今、多くの人が認めています。

特に日銀は、「異次元緩和→インフレ率上昇→景気拡大」との因果関係を、結局実証できませんでした。マイナス金利は評判が悪く、秋には事実上の反省を余儀なくされました。米国では最近、金融緩和とは反対の金利上昇が株高の材料とされています。利ざや改善で金融機関の業績が良くなるというのです。

金融政策の限界が認識されたのは、大きな進歩です。しかし今度は、財政出動(減税や公共投資など)への期待が不自然に高まっています。米国のトランプ期待も、大規模な財政出動への期待にすぎません。

第三の教訓-西洋の没落

それは、ポピュリズム(大衆迎合主義)的な現象です。金融緩和と同じく大規模な財政出動は、市場を一時的に喜ばせることができるからです。しかも、増税などの国民負担を先送りすることができます。

欧米におけるポピュリズム旋風こそ今年最大の事件、とみる人も多いでしょう。たしかに、反グローバリズム、自国中心、他国非難といった流行の動きに関し、ポピュリズムの面があるのは否定できません。

ポピュリズムは、欧米の誇る民主主義の歪んだ形です。また、欧米による世界統合が近現代史であった以上、反グローバリズムは、欧米支配の自己否定です。よってそうした歪みや自己否定は、欧米の行きづまりを明瞭に示しています。つまり2016年の第三の教訓は、「西洋の没落」は深刻だということです。

2017年は、意外な安定へ

ただし、「西洋の没落」は長期の傾向です。かつ、相対的な傾向であって、世界の没落を意味するわけではありません。世界全体では、2017年も今年並み(3%強)か、それ以上の経済成長率が見込まれます。

トランプ期待については、「市場の幻想」にとどまるでしょう。しかしそれは、来年後半まで漂い続けるかもしれません。一方「金融政策の限界」が判明した今、無謀な金融緩和が世界的なバブルを過熱させる恐れは、さほど大きくありません。

よって2017年の世界経済は、意外に安定的な姿を示すと見込まれます。それを根本から脅かすことがあるとすれば、大きなテロや紛争でしょう(トランプ氏のもとで米国が道を誤る可能性があるため、そのリスクは小さくないのですが)。

印刷用PDFはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

コラム&レポート Pick Up