トランプの世界で、変化に向き合う

2016/12/08

トランプ氏を批判する人、支持する人

ドナルド・トランプ氏については、良い面にも着目すべきです。しかし米国では、金融市場の一部を除き、厳しい評価が優勢です。大統領選後に筆者が米国を訪れたとき、このことがよくわかりました。

もともとトランプ氏の好感度は極めて低いものでした。差別的な暴言などのためです。それらで心が傷ついた人々は、同氏を簡単に許さないでしょう。また同氏は、自身が経営する超高級ホテルに象徴される、大富豪です。結局、富裕者をますます富ませる政治を行うだろう、との冷めた見方も理解できます。

たとえば、エチオピア出身というタクシードライバーからは、トランプ氏への辛辣な批判を聞きました。人には敬意を払うこと、公の場では言葉を選ぶこと、それらを彼は学ぶ必要がある、とのことです。

一方、トランプ氏の支持者と思しき人にも会いました。ただ、トーンは概して控え目です。「隠れトランプファン」が同氏の勝利を呼んだ模様ですが、今もトランプ支持を公言しにくいムードがあるのです。

困難な(おそらく解決不可能な)課題

つまりトランプ氏は、全国民から祝福されて大統領になるわけではありません。そのため既存の支持者を満足させるのと同時に、反感を持つ人から信頼を勝ち取るという、極めて困難な課題を背負います。

理想は、大規模な経済対策が議会で矢継ぎ早に通り、景気(特に雇用)が一気に拡大することでしょう。

しかし、上院・下院とも共和党が制したとはいえ、共和党議員も同氏の政策に容易には賛同しないはずです。好感度の低いトランプ氏に同調し過ぎる議員は、各選挙区で支持を失う恐れがあるからです。さしあたり、2年後の中間選挙(上院議員の3分の1、下院議員の全員が改選)を意識せざるを得ません。

トランプ氏は不満や怒りの受け皿になっただけ、との見方も有力です。だとすれば、4年後の大統領選で同氏が再選される確率は低いでしょう。そのためになおさら、共和党内で求心力を得るのは困難です。

自慢の成果

仮に景気刺激策が決まったとしても、トランプ氏の公約である「雇用の創出」は限られるでしょう。

なぜなら、高齢化が進む米国では、完全雇用(働く意欲と能力のある人が皆、職に就ける状態)に近づいているからです。実際、多くの企業は今、人手不足で困っています。こうした状態で政府にできることは、多くありません。本来、さらなる移民受入れが必要ですが、むろんトランプ氏には論外でしょう。

国全体の雇用者数が増えなければ、トランプ氏は、個別の「成果」をアピールしようとするでしょう。早くも最近、メキシコへの工場移転を計画していた空調設備会社と「交渉」し、計画を一部撤回させるなどという挙に出ました。自由な国では非常識で非伝統的なことですが、同氏は大いに自慢しています。

過度な楽観と恐怖を排し、変化を楽しむ

そうした介入が行きづまれば、為政者の好む伝統的な手法がエスカレートするでしょう。すなわち、国外に「敵」を設定し、攻撃し、国民のナショナリズムを刺激するという手法です。政権支持率を高めるためには、それが最も手っ取り早いからです。

通商面では、米国の産業を守る観点から、中国、メキシコ、日本など、米国が多くの財を輸入している国が標的となり得ます。

たしかに、トランプ氏が良い大統領となる可能性もあります。しかし、今も続く自由奔放な発言や現地での評判からは、常識を超えた人物だという結論に至ります。とはいえ、常識が全て正しいとは限らず、世界には変化が必要です。事ここに至っては、変化を恐れるのでなく、むしろそれを楽しみたいものです。

印刷用PDFはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

コラム&レポート Pick Up