トランプ相場の真相

2016/11/30

トランプ氏勝利の後、北米取材を実施

岐路に立つ米国のことを知るには、現地の雰囲気に触れるのが一番です。そこで、ドナルド・トランプ氏が大統領選に勝利した後、北米(ニューヨーク、ワシントンD.C.、トロントなど)を取材しました。

結論から言うと、にわかに高まった「トランプ期待」は、来年前半頃まで続く可能性があると感じられました。しかし「米国社会の分裂」は、新大統領のもとで深まりこそすれ、和らぐことはないでしょう。

つまり、トランプ氏の政策がうまくいけば、経済成長率は多少上がるかもしれません。株価も上がり、バブルが膨らむかもしれません。しかしそれらは国民全体の幸福を意味せず、社会の亀裂を直せません。

かつてないほど不確実性が高まる中、なぜか新ストーリー登場

今回、最も多く聞いた単語は、将来の「uncertainty(不確実性)」だったと思います。トランプ次期大統領のもとで米国はどうなるのか、各人の立場を問わず、確かなことはわからないということでしょう。

しかし金融市場は、「トランプ相場」に沸き立っています。とりわけ米国の主要な株価指数は、軒並み最高値をつけました。選挙前に恐れられていた「トランプ・リスク」とは、一体何だったのでしょうか。

不確実性が大きいと言いつつ、ウォール街(米国の金融業界)では、早くも新ストーリーが出来上がっているようでした。トランプ氏の政策による「経済成長率・インフレ率・金利の上昇」というものです。

ただし、ウォール街のほとんどの人(聞いた人に限れば全員)にとっても、トランプ氏の勝利は予想外だった、とのことです。クリントン氏を支持していたのでショックだ、という様子もうかがえました。

ウォール街の集団心理が作動し、レジーム・シフトを正当化

とはいえ、どんなショックもチャンス(儲ける機会)へと、瞬時に変えてしまうのがウォール街です。トランプ勝利が確実になった瞬間こそショックを受けても、それで打ちひしがれる人々ではありません。

むしろ次の瞬間には、新ストーリーを作ってしまおう、という心理が集団的に働いたようです。そしてトランプ氏の良い面に焦点が当てられ、悪い面からは目がそらされました。良い面とは、減税や規制緩和といった「市場好み」の政策です。悪い面とは、反自由貿易や移民排斥、白人中心といった思想です。

旧ストーリーは「低成長・低インフレ・低金利」という、いささか退屈なものでした。それを切り替える格好の材料となったのが、トランプ氏と共和党の勝利だった、というのが真相でしょう。旧ストーリーから新ストーリーへ「レジーム・シフト」が起こるというのです。ただ、「if(もし)」新政権が良い政策を行えば、との条件が常につけられます。その条件が満たされる根拠は、必ずしも強くありません。

株価は上がっても、米国民の一致団結は困難

それでも金融市場の流れを支配しているのは米国、特にウォール街です。彼らが新ストーリーで盛り上がり、皆がこれに追随する限り、金融市場は活況を呈し、米国株などは好調を示すでしょう。

問題は、市場好みの政策によって、幅広い労働者の生活が改善し、貧富の格差が縮まるのか、です。あるいは、トランプ旋風を招いた「エスタブリッシュメント(既存権力)支配」が倒されるのか、です。これについては、ほとんどの人が懐疑的でした。というより、ウォール街では、あまりこの問題に関心が持たれていないようです。

トランプ氏は、11月9日の勝利宣言演説にて、「国民の一致団結」を呼びかけました。しかし少なくとも、トランプ氏の信奉者(その多くは反ウォール街)が、エスタブリッシュメントやウォール街と一致団結することはないでしょう。そのことだけは、ほぼ確実です。

 

印刷用PDFはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

コラム&レポート Pick Up