世界経済をめぐる悲観と楽観

2016/10/14

IMFの世界経済見通し

世界経済についての見方は、このところ、少なからず悲観的なトーンに傾いているように見えます。

たとえば国際通貨基金(IMF)は、今月発表した見通しで、世界経済の成長は「遅すぎる」などと述べました。そして、貿易の鈍化や政治の不安定化など、多岐にわたるリスクを数多く指摘しています。

しかしそういったネガティブな判断は、低成長にあえぐ先進国の視点に偏り過ぎていると思われます。中国などアジア新興国は、相変わらず活気に満ちています。世界全体を悲観する必要はないでしょう。

足を引っ張ったのは米国

IMFの見通しでも、「日米欧など先進国の停滞、中国など新興国の景気拡大」という構図が鮮明です。

今年の世界経済に関しIMFは、1月時点では3.4%と予想していました。しかし今月、これが3.1%まで引き下げられました。主因は、米国の大幅な下方修正です(1月時点は2.6%、今月は1.6%)。

誤っていたのはIMFだけではありません。年初には、世界の成長を支えるのが米国で、足を引っ張るのが新興国、と多くの人が見込んでいたのです。ところが現実に起こったのは、それとは逆のことです。

欧州も低成長、日本は超低成長

ユーロ圏の成長率については、IMFの予想(今年1.7%)が正しければ、意外にも、米国を上回ります。しかし、低成長であることに変わりはありません。また、昨年実績(2.0%)に比べれば減速です。

さらに低いのが、日本の成長率です。IMFの予想(今年0.5%)が正しいかはともかく、アベノミクスの目標(実質成長率2%)が近いうちに実現すると期待する人は、もはや国内でも少ないでしょう。

先進国の政治的混迷

先進各国が明るい見通しを描けずにいるのは、政治の混乱や政策の行き詰まりも大いに関係しています。

とりわけ米国の大統領選をめぐる最近の様相は、異様としか言いようがありません。これにより、米国文化の醜悪な面が世界中に知れ渡ってしまいました。米国の中でも、政治不信が強まるばかりでしょう。

欧州連合(EU)では、英国の脱EU、移民問題、ギリシャなど財政危機国の救済といったことを受け、統合の理念が疑問視されています。とはいえ各国単独では、世界での存在感が低下するのは明らかです。

日本では、好景気を演出すべく株価が支えられても、経済の実力は高まりませんでした。多くの人は、この事実に気付いています。それでも内閣支持率が高めなのは、強力な野党が現れないからでしょうか。

先進国中心主義は時代遅れ

一方、中国や東南アジアの新興国では、先進国に比べると、はるかに高い経済成長率が続きそうです。

中国については貿易など弱めの指標も見られますが、所得増や財政出動などにより、6%台の成長を示し続けるでしょう。IMFも、今年の成長率予想を引き上げました(1月時点は6.3%、今月は6.6%)。

失態をさらす米国や日本だけを見ていると、悲観に傾くのも無理はありません。しかし「先進国中心主義」的な世界観は、もう時代遅れです。世界では今、人口で約85%、経済規模で約40%を新興国が占めています。そのような新興国の発展に目を向ければ、もっと楽観的な展望が開けるでしょう。

 

印刷用PDFはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

コラム&レポート Pick Up