「ブレグジット」の何が問題なのか?

2016/06/15

いよいよ英国民投票へ

英国は、欧州連合(EU)の一員であり続けるのか。6月23日、それを問う国民投票が行われます。

昨年の総選挙にあたり、キャメロン首相が離脱派に配慮し、国民投票の実施を公約したからです。同首相は残留派ですが、民主主義にこだわる英国では、「新しい判断」などで公約を破るわけにはいきません。

結局は僅差で残留派が勝利すると予想されますが、微妙です。もしも離脱派が勝ったら、何が起こるのか、正確なことはわかりません。そんな不透明感が「ブレグジット(英国のEU離脱)」懸念の正体です。

とはいえ、論点は次のように言えそうです。つまり、優先すべきは、経済成長か、移民制限か、です。

経済成長の観点からは、EU残留が妥当

経済成長の観点からは、EUに残るべきでしょう。EUは巨大な単一市場(物、サービス、人、お金の移動が原則自由)であり、英国は、その一員であることによって、大きな恩恵を受けられるからです。

実際、英国からの輸出のうち、EU向けは半分近くを占めます。また、金融業や製造業などで、日本企業を含め多くの企業が、EUにおける本拠をロンドンに置いています。これは、英国の国力の源泉です。

そして、勤労意欲の高い移民の流入が、経済成長に貢献しています。特にEUが中・東欧などへ拡大した2004年から、移民が急増しました。昨年の移民純増数は約33万人、うち約18万人はEU出身です。

EUから離脱すれば、そうした様々な移動の自由度が低くなりそうです。結果、英国の国内総生産(GDP)は、残留の場合に比べ2020年に約3.3%減る、と経済協力開発機構(OECD)は見ています。

しかし、移民を制限するのであれば、EU離脱にも正当性

にもかかわらずEU離脱派の勢いが衰えないのは、「問題は経済よりも移民」だからでしょう。

多くの人にとっては、抽象的なGDPなどより、日々の生活で感じることの方がずっと重要です。「一つの欧州」という理念にも感激しないでしょう。そして暮らし向きが良くならないとき、不満を移民にぶつける人は少なくありません。仕事や住宅、福祉予算を移民に奪われている、ということです。EU離脱派も移民を完全に拒んでいるわけではないものの、離脱すれば、移民は厳しく制限されるでしょう。

移民問題は、単なる経済合理性では論じられません。経済の観点だけで言えば、この日本こそ、もっと開かれた国になり、移民を大量に受け入れるべき、となります。しかし、話はそう単純でないでしょう。

ブレグジットは、リーマンショック級の危機か?  

ただし、国民投票で離脱派が勝っても、自動的に離脱するのでなく、英国内の体制を整えた上で(首相はおそらく辞任)、EUとの間で新たな関係を結ぶ交渉に入ります。正式な離脱は、2年以上先でしょう。

また、英国のGDP規模は日本の3分の2程度です。EU離脱に伴い成長率が下がっても、世界経済への打撃は限られそうです。ただ、金融市場が最も恐れるのは、EU離脱が他国にも広がっていくことです。しかし、他国ではEUを支持する人が多く、「EU崩壊」の確率は極めて低いでしょう。

それでも、投票で離脱派が勝ったら市場は相当慌てるでしょう(株安・円高)。しかし、ほどなく平常心を取り戻すと思われます。すなわち、「リーマンショック級の危機」に陥るとはまず考えられません。

 

印刷用PDFはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

コラム&レポート Pick Up