窮地の日銀に求められるのは何か?

2016/04/20

リフレは失敗

日銀が歩む試練の道は険しくなるばかりです。2%のインフレ率という目標は、はるか彼方へ遠ざかりました。消費者物価指数(生鮮食品を除く総合)の上昇率は近々、おそらくマイナスになるでしょう。

原油安は言い訳になりません。ある品目の値下がりは別の品目の値上がりで相殺されるので、全体の物価水準には影響しない。これが異次元緩和を基礎づける「リフレ派」の奇異な主張内容だったからです。

インフレ目標を諦められない日銀は昨年以降、賃金増に望みを託しました。そして自由経済の常識に反し、ことあるごとに財界へ賃上げ要請を行いました。しかし、今春の賃上げは期待外れだったようです。

インフレを促すものとして頼ってきた円安も、流れが変わりました。そこで日銀は1月末、マイナス金利政策という劇薬を処方しました。ところがその後も円高が進み、金融緩和の限界を露呈しています。

「5分で読めるマイナス金利」

預金者の心理を害する、金融機関の収益を圧迫する、といったマイナス金利への批判は、日銀にとって予想外の厳しさだったようです。これを受け日銀が作成したのが、「5分で読めるマイナス金利」です。

それを一見すると「国民目線」に立つ画期的な文書に見えます。たしかに、わかりやすい言葉を用いた点は評価されるべきでしょう。問題は内容が良くないことで、かえって日銀批判を勢いづかせています。

要するに、日銀の政策により「いずれプラスの効果がはっきり出てくる」「かならずデフレから抜け出せる」、そしてデフレ脱出で「景気は良くなる」、つまりマイナス金利は「みんなのため」、とのことです。

日銀を信じていれば、いつか必ず救済される、ということのようです。しかし、「脱デフレ」という旗印を掲げれば何でも許されるのでしょうか。第一、脱デフレで楽園のような国が実現するのでしょうか。

「救済物語」を信じられるか

そうした「救済物語」を信じる人は少ないでしょう。原油安にすら勝てないのが神ならぬ日銀です。

もともと日銀(およびリフレ派)と一般国民の間には、生活感覚において深い断絶が横たわっています。それは結局、インフレ(物価上昇)とデフレ(物価下落)をどう見るか、の違いにほかなりません。

日銀自身の調査によれば、「物価上昇は困ったこと」と感じる人が8割以上です。この圧倒的多数に抗し、痛みを広げてまでインフレを目指す理由はあるのか。それがきちんと説明されていません。

また日銀は、収入が増えるという夢を振りまいてきました。ところが、実際に増えると思う人は1割以下です。国民は、物価が上がっても賃金や年金はさほど増えない、と危惧しているようです。

必要なのは追加緩和でなく出口戦略

もちろん、政策の効果はすぐには表れません。それゆえにこそ「2年」という物価目標の期限が設けられたのです。しかし3年が経った今も、目標達成は展望できません。また、昨年まで4年連続で実質賃金がマイナスになるなど物価に比べ収入は増えず、国民の危惧の方が正しかったことを証明しています。

よって求められるのは、リフレの誤りを直視し、出口戦略(異次元緩和の縮小)を考えることです。しかし失敗を認められない日銀は、逆に一段の追加緩和も辞さない構えです。金融市場でも、4月27、28日の金融政策決定会合での追加緩和を期待する向きがあります。物価上昇は困るという世論に無頓着な日銀ですが、緩和中毒にかかった市場の催促には極めて敏感です。

ただ、4月に追加緩和が行われる可能性は、どちらかと言うと低いでしょう。熊本の地震などにもかかわらず、海外情勢の改善のおかげで、日本市場はパニック的な状況にはないからです。それでも追加緩和が行われるとすれば、資産買入れ額の小幅増など、「戦力の逐次投入」と呼ぶべきものにとどまりそうです。

 

 

印刷用PDFはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

コラム&レポート Pick Up