「世界経済見通し」と「パナマ文書」

2016/04/13

IMFは今回も下方修正

4月12日に発表された国際通貨基金(IMF)の経済見通しによれば、今年の実質総生産(GDP)成長率は世界全体で3.2%と予想されています。昨年の実績(3.1%)とほぼ同じ程度ということです。

1月時点の予想(3.4%)からも下方修正されました。最近、経済見通しの下方修正は見慣れたものとなっています。世界経済の成長は、多くの人の予想を裏切り続けていると言わざるを得ません。

国別に見ると、中国については、経済構造の変化(過剰投資の是正など)が成長の減速をもたらすとされています。米国では、ドル高などが成長を抑える見通しです。ユーロ圏では、高い失業率などが懸念材料です。日本の場合、成長率、インフレ率とも、従来の予想より弱いと指摘されています。

日本の低成長が際立つ

海外も冴えないのは、一部の人には好都合かもしれません。日本の実体経済が低迷する中、その原因は「世界経済の不透明感」であってアベノミクスの機能不全ではない、と信じたい人にとっては、です。

しかし、日本の低成長はひときわ目立っています。たとえば2014~16年の3年間(16年は見通し)、実質GDP成長率の平均はわずか0.3%です。これは約190か国中167位、主要先進国では最下位です。

そのため、日本の景気が良くないのは、あくまで内需(とりわけ個人消費)の低迷が主因と考えるべきです。これから景気対策を検討するにあたっても、まずはそうした国内の厳しさを直視すべきでしょう。

世界的な伸び悩みは当然

ただし、たしかに世界的にも好調とは言えず、先述のとおり予想を裏切り続けています。それは、米国、中国、ユーロ圏、日本などにおいて、それぞれが容易ならざる問題をかかえているためと考えられます。

つまり、米国は所得格差、中国はバブルの調整、ユーロ圏は移民問題、日本は人口減少、といった構造的な問題です。それらについては同様の先例や有効な対策が少なく、将来どうなるか、予想も困難です。

この四つの国・地域だけで世界のGDPの約6割を占めます。そして、各国の問題が簡単に解決できるような性質のものでない以上、世界の成長率が伸びないのは当然です。今さら驚く必要はありません。

「パナマ文書」の破壊力

成長率が伸びないのを所与の条件とすれば、有限の資産を公平に再分配することが重要となります。

ここで今、世界を揺るがしているのが「パナマ文書」です。中米パナマの法律事務所から流出した膨大なデータですが、これにより、多くの権力者や富裕者がタックス・ヘイブン(租税回避地)を使って「節税」に励んでいる実態が暴露されつつあります。その衝撃は計り知れません。税負担の公平性が長年にわたり歪められているとすれば、それを前提とする民主主義は虚構にすぎなかったことになります。

よって、課税逃れを防ぐ取組みが急務です。日本も5月の伊勢志摩サミット(主要国首脳会議)では、表面的な経済成長よりも、この議論をリードすべきでしょう。成長を促すため財政支出を、というのが最近の流行ですが、原資となる税金が適切に徴収されない限り、負担と便益の不一致が広がるだけです。

 

印刷用PDFはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

コラム&レポート Pick Up