日銀短観で業績期待は高まるか?

2017/10/06

10月相場入りとなった今週の国内株市場ですが、日経平均は直近の上値の目処になっていた20,500円の節目を上抜けし、年初来高値を更新する場面を見せるなど、強めの動きとなっています。北朝鮮情勢の膠着状態、米国経済と同国株式市場の好調、国内企業の業績期待などが買いにつながっています。

 

また、国内政治(衆議院選挙)の動向も、まだ不透明かつ流動的なところもあって、今のところ積極的な買い材料になっているとは言えませんが、「過去の解散総選挙時は株高の傾向が多い」という経験則を背景に、日本株の売りポジションが巻き戻され、株価水準を引き上げる支援材料になっていると思われます。

 

そんな中、今週2日に日銀短観が発表されましたが、大企業製造業の業況判断DIの結果が22と、市場予想の18を大きく上回り、4四半期連続で改善し、10年ぶりの高水準となりました。製造業大企業だけでなく、中堅企業や中小企業もDIが上昇しています。一方の非製造業のDIは大企業で23と横ばいでやや足踏みしているものの、総じて強い結果だったと言えます。

 

日銀短観のDIは決算発表の先行指標とされることも多く、これから本格化する決算発表は好調が見込まれます。さらに、大企業製造業の想定為替レートは1ドル=109.29円と、足元の水準よりも円高であることも業績上振れの期待感を高めそうです。

 

「業績の秋」が良いムードで深まりつつありますが、外部環境は依然として不透明感が強いことにも留意する必要があります。国内選挙の勝敗と政策観測に加え、米国の動向(金融政策や税制改革などの議会審議)によっては、相場環境がガラリと変わってしまうことも考えられるからです。米株市場もNYダウなどの株価指数が最高値を更新するなど好調ですが、その分だけ調整局面が訪れた時の下落が大きくなる可能性があります。

 

また、個別銘柄でも選別が進みそうです。例えば、日経平均が年初来高値を更新する傍らで、村田製作所やアルプス電気などいわゆる「アップル関連銘柄」の株価が伸び悩んでいます。米アップル株の動きに連動しているためですが、11月発売予定の「iPhone X」の売上げでどこまで盛り返せるかも今後の焦点のひとつになりそうです。

 

さらに、最近のマーケットは北朝鮮の動きにあまり反応していませんが、太平洋上での水爆実験を示唆したり、ミサイル搬出の動きが観測されたりと、政治・外交的上の状況は確実に悪化しています。来週10日には北朝鮮労働党の創建記念日が控えていることもあり、いつ動き出すかわからない北朝鮮情勢も要警戒になります。

 

 

楽天証券株式会社
楽天証券経済研究所 土信田 雅之が、マクロの視点で国内外の市況を解説。着目すべきチャートの動きや経済イベントなど、さまざまな観点からマーケットを分析いたします。
本資料は情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
本資料の情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本資料の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本資料の記載内容は、予告なしに変更することがあります。

商号等:楽天証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者
加入協会:
  日本証券業協会
  一般社団法人金融先物取引業協会
  日本商品先物取引協会
  一般社団法人第二種金融商品取引業協会
  一般社団法人日本投資顧問業協会

コラム&レポート Pick Up