中国の「鬼城」を笑えない国内の不動産投資

2016/09/09

「ジャクソンホール(イエレンFRB議長の講演)」や「米雇用統計」というイベントを通過して迎えた今週の国内株市場ですが、日経平均は5月以来、久々に17,000円台を回復してきました。9月は日米の金融政策会合が同じ日程(20日〜21日)で予定されていますが、特に、日銀の金融政策決定会合については、これまでの金融政策に対して「総括的な検証」が行われることになっており、足元では様々な憶測やシナリオを想定する動きが見られます。

そんな中、今年4-6月期の銀行や信用金庫による不動産向け融資の新規貸出額が前年同期比22%増の3兆1,271億円に達したとの報道がありました。この規模はバブル期だった1989年の記録(2兆7,679億円)を27年ぶりに更新したことになります。この背景には、「総括的な検証」の対象になると思われる、日銀が今年2月に導入したマイナス金利政策の影響が大きいと言われています。マイナス金利によって、借入れ金利が低下したことや、運用難となった資金が不動産市場に流れたという構図です。

不動産市場の資金ニーズとしては、東京五輪に向けたインフラ開発・整備や、不動産投資信託(REIT)への投資、そして賃貸住宅建設向けが挙げられます。ちなみに、「節税対策のために…」という切り口で不動産業者からの勧誘電話を受けたことがある方もいらっしゃるかと思われますが、賃貸住宅を建てた土地は相続税の評価額が下がります。

こうした不動産市場への資金流入は別の統計にも表れています。全体の経済成長率が横ばいだった今年4-6月期国GDPですが、うち、不動産投資は前期比で5%増と高い伸びになっています。これは、東日本大震災後の復興時(2011年7-9月期)の伸び率(5.5%増)に近いです。

マイナス金利導入によって不動産投資が増えたこと自体は悪くないかもしれませんが、個人が住宅を購入するというよりも、節税目的の賃貸住宅建設ばかりが増えていたとすると、中長期的に問題が発生する可能性があります。銀行から資金を借りた家主は、建設した賃貸住宅からの家賃収入によって借入金を返済していくことになりますが、賃貸住宅が供給過剰になってしまうと、入居者が入らず、家賃収入も減り、返済が滞って不良債権化するリスクがあります。日本の人口は減少傾向です。

よくTVなどで、中国不動産バブルの象徴として「鬼城(ゴーストタウン)」の映像が流れることがありますが、需要が見込めないのに供給ばかりが先行した結果という点では日本の状況も決して笑えないのかもしれません。

 

楽天証券株式会社
楽天証券経済研究所 土信田 雅之が、マクロの視点で国内外の市況を解説。着目すべきチャートの動きや経済イベントなど、さまざまな観点からマーケットを分析いたします。
本資料は情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
本資料の情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本資料の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本資料の記載内容は、予告なしに変更することがあります。

商号等:楽天証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者
加入協会:
  日本証券業協会
  一般社団法人金融先物取引業協会
  日本商品先物取引協会
  一般社団法人第二種金融商品取引業協会
  一般社団法人日本投資顧問業協会

コラム&レポート Pick Up