株式市場の展望と投資戦略。日経平均は2万2000円を無理なく達成へ

2017/10/20

 <要旨>

日経平均株価は10月13日に2万1,000円を超えた。終値で2万1,000円を回復するのは1996年11月29日以来の約21年ぶりとなる。北朝鮮問題など地政学リスクへの懸念が払拭できないなか日経平均はどこまで上値を追えるのか。今後の株式市場を展望し、投資戦略を考える。

ポイントは以下の3つ。アベノミクス前と比べて日本企業の“稼ぐチカラ”(=1株あたり利益)が過去最高に増えたのだから、株価が最高値を更新するのは当然である。2万1,000円は身の丈に合った水準で、まだ割高とはいえない。

しかも、世界的に好調な景気や円安を背景に、日本企業の業績は一層の改善が見込まれる。その結果、日経平均の適正水準は2万2,000円~2万3,000円に引き上がる可能性が高い。

北朝鮮問題や米国株急落などのリスクはあるが、単に市場心理の悪化で株価が下落したときは「買いどき」とみていい。ただし、米景気の腰折れや軍事衝突など業績悪化が見込まれる場合は慎重な見極めが肝心だ。

■ポイント

  1. 2万1,000円は通過点に過ぎない
  2. まだ割高ではないうえ、日本企業は一層の業績改善が見込まれる
  3. 市場心理の悪化で株価が下落したときは「買い」のチャンス

 

20171020

続きはこちらから>>>

株式会社ニッセイ基礎研究所
投資の科学 (ニッセイ基礎研究所)   株式会社ニッセイ基礎研究所
株式投資においては、市場を正しく理解し、市場と冷静に向き合うことが重要です。 それには科学的かつ客観的な分析が欠かせません。 投資家の立場から「実りある資産運用」に役立つ情報を提供します。
本誌記載のデータは各種の情報源から入手・加工したものであり、その正確性と安全 性を保証するものではありません。 また、本誌は情報提供が目的であり、記載の意見や予測は、いかなる契約の締結や解 約を勧誘するものではありません。

コラム&レポート Pick Up