第43回 待ったなしのフェイクニュース対策

2018/04/16

先週EUで、フェイクニュースに関わる初の自主ルール案が策定されました。フェイスブック問題を受けての対策で、今後SNS等の運営会社は、オンライン上の偽情報を排除するよう促されます。

しかし結局運営会社ができるのは、あくまで、偽情報が出た後の対処です。情報拡散のスピードを考えると被害が防げない恐れがあります。

2003年12月、九州の佐賀銀行で大規模な取り付け騒ぎが発生しました。ある女性が知人たちに送った同行の倒産警告メールが拡散したためです。今なら、SNSを通じて、より広範囲に、かつ瞬時に噂が広がるでしょう。銀行の信用力が高いうちは大丈夫でしょうが、局面次第では、偽情報は、手軽な割に、高度なサイバー攻撃以上の被害を与えかねません。

こうした偽情報の被害は個人にも広がっています。米国の有力研究機関のピュー研究所の調査によれば、41%がネットでデマなどの被害を受けたことがあると回答しています(17年調査)。なかでも、18歳から29歳の若年層では3人に2人が被害を受けています。しかも発生率は増加傾向にあります。

ところが、偽情報の書き込みの発信者に刑罰が科されるケースは極めて稀です。佐賀銀行の事件でも、メールの送信者に悪意はなかったとして不起訴処分となっています。

これに対し、今月マレーシアで、世界で初めて、発信者に罰則を科す偽情報禁止法が成立しました。発信者への罰則は、書き込みの抑止力になります。言論統制との批判もあるようですが、企業や個人にとっての被害を考えると、運営業者だけでなく、発信者に対する対策も必須と思います。他国でも、偽情報への多面的かつ早急な取り組みが求められるでしょう。

 

マネックス証券 チーフ・アナリスト 大槻 奈那

マネックス証券株式会社
アナリスト夜話   マネックス証券株式会社
チーフ・アナリスト大槻 奈那が、金融市場でのさまざまな出来事を女性目線で発信します。
当社は、本書の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想及び判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。当社は本書の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本書の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

マネックス証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

コラム&レポート Pick Up