恐怖や痛みを味方につける方法

2018/05/09


[PR]【new】あなたはまだ本当の株式投資を知らない?誰も教えてくれない松下誠の投資戦略が話題に

投資では大きく感情が動き、その感情により、パフォーマンスが大きく左右されます。投資における感情の、主なものは、欲と恐怖です。お金は、私たちの脳に、命の危険と同様に強い刺激を伝えるので、この感情の影響は強いものになり、これから逃れることはできません。つまり、この感情とうまく付き合い、慣らすしかないのです。この、感情との付き合い方こそが、投資のメンタルコントロールです。

 

今日は投資における感情の1つである、恐怖について取り上げます。恐怖とは、本能的に、命が奪われる、体を傷つけられるという思いです。恐怖の先には、痛みが待っています。だからこそ人は、痛みや恐怖から逃げようとします。この反応が、投資において即時的に、後先も考えることなく起こってしまうと、資金が増えることはありません。この反応は利益を小さくし、損失を大きくしてしまいます。

 

しかし、この恐怖や痛みを、即時的な反応ではなく、中長期に建設的に利用し、味方につける行動があります。それが、恐怖や痛みの経験に伴う準備です。かつて恐怖や痛みを感じた場所や場面、それを思い出し、次にどうすればその恐怖や痛みに合わずに済むか、それを考えて準備するのです。

 

これを繰り返していけば、恐怖や痛みが多ければ多いほど、投資家は多くの準備をでき、強くなれることを意味します。投資における恐怖や痛みがゼロになることはありません。しかし、それをできるだけ回避するように、準備することは可能です。

 

恐怖や痛みに、ただ打ちひしがれるだけでなく、その感情や経験を力に変えていきましょう。投資家とは、常にリスクを取る人であり、そこに恐怖や痛みは必ず伴います。投資家は、恐怖や痛みに準備し続ける人でもあるのです。

 

本コラムの執筆者である松下誠が、その15年以上の株式投資の経験と、その間学んだ理論や知識を、一冊の電子書籍に集約しました。何も知らない個人投資家が、どんな知識や理論を知れば利益を上げることができるのか?この書籍には、他のどこでも知ることのできない、誰も語っていない、そんな株式投資の秘密を学ぶことができます。松下誠の最新書籍「誰も教えてくれなかった 結果を出す株式投資理論」はこちらから手に入れてください。
こちらから書籍を手に入れてください

books-image

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

コラム&レポート Pick Up