もし1つだけ個人投資家にアドバイスするとしたら?

2018/05/03


[PR]【new】あなたはまだ本当の株式投資を知らない?誰も教えてくれない松下誠の投資戦略が話題に

私は2004年12月に初めて人前で、投資について教え始め、それからすぐに証券会社のセミナーに招かれるようになりました。その後、各種のメディアの取材も受けるようになり、雑誌に掲載され、本を6冊執筆しました。取材やセミナーのテーマの中で、よく聞かれたことの1つに、もし1つだけ個人投資家にアドバイスするとしたら?というものがあります。

 

もし1つだけ個人投資家にアドバイスするとしたら?その質問に対する私の答えは、「あなたにとって適切な売買サイズを知り、売買サイズを小さくしてください。」というものです。損切りでもなく、メンタルのコントロールでもなく、売買ルールでもなく、「適切な売買サイズを知り、売買サイズを小さくする。」これが最も大切なのです。

 

なぜなら、売買サイズを小さくすることで、資金管理が始まります。売買サイズを小さくすることで、メンタルコントロールが可能になります。損切りは多くの人が教えてくれますが、売買サイズは、誰も教えてくれません。(※松下誠は教えます)売買サイズは、何も知らない段階では、適切なサイズの5~10倍大きくなっており、そのままではほぼ100%破綻します。

 

私は初めて取材を受けた時から、初めてセミナーで個人投資家へのアドバイスを求められた時から、「適切な売買サイズ」こそが、個人投資家へのアドバイスだと答えてきました。売買サイズを適切に作った上で、損切りを設定し、利食いを設定し、資金管理を行います。売買サイズをコントロールすることで、メンタルがコントロールできます。売買ルールの中で、最も大切な要素は、資金管理ルールであり、資金管理ルールの中で、最も大切な要素は、売買サイズなのです。

 

さてここで、あらゆる投資関連の書籍やウェブサイト、セミナーや講演を見渡してみて、どこか1か所でも適切な売買サイズについて教えているものはあるのでしょうか?私は常に適切な売買サイズを、セミナーや書籍、プログラムの中で教えますが、私以外のセミナー講師、アナリスト、著者の人で、適切な売買サイズについて語る人は、驚くほど少ないと思います。これはすごく不思議です。

 

私は今でも、売買サイズこそが最も大切で、最もコントロールが難しいと思っています。そのことがどこでも語られず、誰も語らないのです。もし1つだけ個人投資家にアドバイスするとしたら?「あなたにとって適切な売買サイズを知り、売買サイズを小さくしてください。」私はこう答えます。

 

本コラムの執筆者である松下誠が、その15年以上の株式投資の経験と、その間学んだ理論や知識を、一冊の電子書籍に集約しました。何も知らない個人投資家が、どんな知識や理論を知れば利益を上げることができるのか?この書籍には、他のどこでも知ることのできない、誰も語っていない、そんな株式投資の秘密を学ぶことができます。松下誠の最新書籍「誰も教えてくれなかった 結果を出す株式投資理論」はこちらから手に入れてください。
こちらから書籍を手に入れてください

books-image

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

コラム&レポート Pick Up