過去の含み利益に捉われないでください

2018/04/11


[PR]【new】あなたはまだ本当の株式投資を知らない?誰も教えてくれない松下誠の投資戦略が話題に

毎年何百人もの個人投資家と会っていると、その中でいくつもの典型的なパターンに遭遇します。市場の8割の投資家が最終的に損をしてしまいますので、典型的なパターンも、必然的に損失のパターンが多くなります。

 

その1つが、「過去の含み利益に捉われて損をする」というパターンです。「含み利益が○百万円までいきました。今は減りましたが、戻ったら利食いします。」「○月には含み利益が○千万円ありました。まだ上がると思い保有しています。」といったようなパターンです。この言葉を聞いた後に、該当銘柄のチャートを見ると、大きくアップトレンドが崩れ、下落しているケースがほとんどです。

 

個人投資家の多くは、適切な資金管理が分からず、どうしても投資資金に対して大きく買い進む傾向にあり、その銘柄がたまたま急激なアップトレンドを形成すると、巨大な含み利益を生みます。この時点で、ほとんど全ての投資家は、「まだまだ上がる」と気が大きくなってしまい、下落の可能性や利食いを考慮することはありません。

 

しかし、上がった価格は必ず下がるものであり、価格は下落を開始して、含み利益は急激に減り始めます。このようなタイミングで、上記のように過去の含み利益だけに捉われた言葉が出てきます。多くの場合、この含み利益は過大なリスクや突然のバブルで形成されており、元の含み利益まで戻りません。しかし一旦大きな含み利益を経験し、それを取れなかった後悔ばかりに捉われ、価格が目の前で連日下がっている現実を正しく評価できず、「戻ってほしい」という願望だけを抱き続け毎日を過ごしてしまうのです。

 

このような事例に遭遇した時に、「戻るまで待っていい」あるいは「すぐに利益確定をした方が良い」などと、安易なアドバイスをおくることはできません。値動きは個々のケースで評価が分かれ、一概に決められないからです。しかし少なくとも分かることは、この時点でこの投資家は、目の前の値動きを正しく評価できず、含み利益の大小だけで利食いを考えてしまっており、この点は大きな問題です。これでは例えこのケースをうまく乗り切ったとしても、後々同じ問題に足をすくわれ、結局資金を飛ばしてしまいます。

 

含み利益を確定し、利益を実現するということは、自分の利食いの出口を自分で決断できる投資家にしかできません。自分の利食いの出口をどんな風に決めるのか、予め考えてから投資に臨むようにしましょう。含み利益はいつも大きいものであり、それに捉われては前に進めません。過去の含み利益に捉われず、毎日バンバン利食いしていきましょう!

 

本コラムの執筆者である松下誠が、その15年以上の株式投資の経験と、その間学んだ理論や知識を、一冊の電子書籍に集約しました。何も知らない個人投資家が、どんな知識や理論を知れば利益を上げることができるのか?この書籍には、他のどこでも知ることのできない、誰も語っていない、そんな株式投資の秘密を学ぶことができます。松下誠の最新書籍「誰も教えてくれなかった 結果を出す株式投資理論」はこちらから手に入れてください。
こちらから書籍を手に入れてください

books-image

この記事を書いている人

松下 誠
投資家を育てる専門家。これまで累計3万人に本物の投資を教育してきた。
セミナー講師として登壇した回数は過去200回以上。参加者は「とてもわかりやすい」「今まで誰も教えてくれなかった理論を教えてくれる」「甘い自分を律してくれる」とセミナーは毎回好評を評している。

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。