「最終的に資金は増える」というイメージ

2018/04/09


[PR]【new】あなたはまだ本当の株式投資を知らない?誰も教えてくれない松下誠の投資戦略が話題に

私は投資を始めて1年半の間損をし続け、そこから利益を上げるようになりました。この損失から利益への転換は、文字通り劇的なものであり、そのBefore→Afterは全くの別人であり、別世界でした。あの頃(損失の頃)、自分は一体何をしていたのだろうか?と後になって思ったものです。同じようなセリフを、私の投資スクールやトレード研究会に参加した生徒たちが言います。

 

つまり何かを知り学ぶことで、全く別の投資の世界が扉を開け、全くの別人になります。こうして投資の利益が始まります。投資を始めて3年目、4年目の頃は、まだまだ大きな失敗を繰り返していましたが、それでも最終的にはしっかり資金を増やしていました。

 

この頃私が漠然と感じていたことは、「最終的に資金は増える」というイメージでした。これは、「いつも勝つ」というイメージではありません。資金管理とルールに則って売買を続けることで、途中に資金が減るドローダウンの時間や売買はあるが、それでも資金が最終的に増える、というイメージです。

 

これには投資/トレード戦略の時間軸によって、かかる時間に差があり、この点に注意する必要があります。デイトレーダーであれば、かなり短期の時間でこの態勢を確保しようとしますが、長期投資家ではドローダウンが一年を超えることもあります。それは単にスタイルなのです。

 

資金が増えるようになっても、さらに精度を上げ、成績を上げるために、やるべきこと、課題はたくさんあります。そうして投資は続いていき、投資家は過去最高利益の更新を続けます。投資家とは、利益を上げ続けるという宿命を持ち、それを実現し続ける人です。「最終的に資金は増える」そんなイメージが自分の中に育つまで、投資を理解し、身に着けてください。

 

本コラムで紹介している利食いの技術や考え方は、株式投資における本質的な理論です。私の新著「誰も教えてくれなかった 結果を出す株式投資理論」には、株式投資の本質の理論だけを集約しました。利益を上げる株式投資の本質の理論を学びたい人は、こちらから書籍を手に入れてください

books-image

この記事を書いている人

松下 誠
投資家を育てる専門家。これまで累計3万人に本物の投資を教育してきた。
セミナー講師として登壇した回数は過去200回以上。参加者は「とてもわかりやすい」「今まで誰も教えてくれなかった理論を教えてくれる」「甘い自分を律してくれる」とセミナーは毎回好評を評している。

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。